文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

かな書 古筆 思はぬにわが足もとゆまひ立ちて浪を越えつつ千鳥啼くなり

ペンの光 2016年3月号

 

f:id:yoshinori-hoshi:20181223232719j:plain

思はぬに わが足もとゆ まひ立ちて 浪を越えつつ 千鳥啼くなり

 

わが足もとゆ、の「ゆ」は聞き慣れないかも知れない。

「から」という意味である。

突然、足元から飛び立った千鳥が、浪を越えながら啼いている。

「ゆ」には経由点の意味もあるので、飛んできた千鳥が、自分の足元を掠めていった、と読めるかも知れない。

いずれにしろ、歌を現代語に訳すのは無粋である。

千鳥の鳴き声は美しい。

画像やyoutubeでも張ろうかと思って検索をかけたら、漫才師ばかりが出てきて往生した。

 

楷書で書くとこう。

モンブラン146。

f:id:yoshinori-hoshi:20181223232653j:plain

 

 

日本の書と紙―古筆手鑑『かたばみ帖』の世界

日本の書と紙―古筆手鑑『かたばみ帖』の世界