文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

阿部一族 森鴎外 感想レビュー

阿部一族を読んだ。

森鴎外は文句なしの文豪である。

またストーリーテラーでもあると思う。阿部一族、大正二年の作品であるが、いま読んでも面白い。当時は、乃木将軍の殉死が世間的な話題となっていて、それに呼応する形で書かれたとか。

阿部一族は殉死にまつわる物語である。それほど長い小説でもないのですぐに読める。鴎外作品は教科書で舞姫が取り上げられていて、舞姫が文語調だからとみんな敬遠してしまう。残念なことである。阿部一族は口語で書かれているので、現在の小説と同じように読める。

あらすじは殿から殉死の許しを得られなかった阿部家当主が、それでも殉死してしまう。殉死をすると、普通は家督等保証されるのであるが、許し得ていない阿部家の子供たちは半端な家督になる。かくなる上はと館に立てこもり……

と言う話。

意外に哲学的というか思考実験的な話なので、読んでみることをお勧めする。

 

やはり知らない単語が出てきたので、ここにメモる。

 

こうけい肯綮】物事の急所。かんじんかなめ。
 「―に当たる」(意見などが急所をついてうまく当たる)
 

か‐さつ【苛察】
細事にわたって、きびしくせんさくすること。苛酷な観察。

 

しっ‐そう【執奏】
とりついで奏上すること。また、その役の人。伝奏。太平記(21)「専ら諸事を―せらる」

 

 

阿部一族

阿部一族

 

 

 

阿部一族・舞姫 (新潮文庫)

阿部一族・舞姫 (新潮文庫)

 

 

 

阿部一族  ディレクターズ・カット [DVD] 

阿部一族  ディレクターズ・カット [DVD]