文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

かな書 むらぎもの心楽しも春の日に鳥の群がり遊ぶを見れば

ペンの光 2016年4月号の課題。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20181206202614j:plain

 

むらぎもの心楽しも春の日に鳥の群がり遊ぶを見れば

 

良寛の作である。

 

むらぎもの心楽しも春の日に鳥の群れつつ遊ぶを見れば

 

というのもあった。

群がって遊んでいるのと、群れつつ遊んでいるのではちょっとイメージが違う。

 

「むらぎもの」は心にかかる枕詞である。内蔵のことである。

「むらぎも」と「むらがり」をかけているのであろう。

昔の人は黙読はしない。常に音読である。

口に出すと、むらぎもと群がりの呼応が気持ちいい。

 

 

 

楷書で書くとこうなる。uni-boll AIR 0.7ミリボールを使用。

このペンはかなり独特である。書き心地はいい。ふわふわな書き心地。ほとんど筆圧をかけずにかける。

ただちょっと太字なので、書くところを選ぶ。

f:id:yoshinori-hoshi:20181206202551j:plain

 

 

 

良寛 (中公文庫)

良寛 (中公文庫)

 

 

 

日本人のこころの言葉 良寛

日本人のこころの言葉 良寛