Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新! 現在35日チャレンジ中! 火曜 文具  水曜 食い物  木曜 小説  金曜 映像 土曜 お題  日曜 政治社会  月曜 ダンディズムで更新!

木曜=文学 ダス・ゲマイネ 太宰治 感想・レビュー

 

虚構の彷徨 / ダス・ゲマイネ (講談社文庫)
 

 

 太宰の迫力を存分に味わえる作品。言葉の力が押し寄せる。かなり初期の作品である。

ダス・ゲマイネはドイツ語。das gemeine=一般的なもの、通俗的なもの、の意味。

太宰の津軽弁だと、ダスケ=だから マイネ=だめだ となるらしい。言葉遊びも入っている。でも、小説自体が衒学的な登場人物たちの応酬で、このダス・ゲマイネというタイトルはしっくりくる。

太宰の小説には太宰本人が登場する。だが、これは、最初は主人公が太宰かと思って読んでいると、途中から「太宰治とかいう小説家」が登場して、主人公たちと揉めるという、一癖も二癖もある出来になっている。

シゲティとか滝廉太郎とかラベルとか、有名音楽家の名前もちらほら出てきて、現実世界とかなりリンクしているので、その辺も興味深い。