文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

金曜映画 ステキな金縛り 感想 レビュー あと、「銀座の男」市は10月4日木曜日からだ

映画の前にお知らせ。

「銀座の男」市が10月4日木曜日から始まる。

わたしは今年はツイードのジャケットかスーツを別のところで作ろうと思っているので特に買う物はない。

でも、インコテックスのパンツなんか欲しいかなと思っている。

銀座に行く用事があるときにでも寄ってみるつもりだ。

去年はフランネルのスーツを作った。チョークストライプだ。

ちょっと明るめと書いているが、実は相当明るくて目立ちまくりである。

若干悪目立ちでさえある。やはりバンチから選ぶのは難しい。

去年の様子はこちら。

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp

 

催しものカレンダー - 催しもの情報 | 松屋銀座

 

 

 

さて、本題の金曜映画。

 

ステキな金縛り

ステキな金縛り

 

 

めちゃくちゃ荒唐無稽だが深津絵里はかわいい。

三谷幸喜にしては結構無茶な設定をしている。

幽霊が証言台に立つという、前代未聞の裁判。

最後は殺された被害者が出てきて証言してしまうのだから、ちょっと拍子抜けだ。

 

だが、最初のシーンのバナナを、最後のシーンの導入に使うなど上手い。プロットを無題にしない。

なんといっても役者が素晴らしい。そして、役者の味を引き出している。

気楽に観られる一本。お勧めである。