文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

水曜食い物 くず餅 わらび餅

突如、くず餅とわらび餅が食いたくなった。

ただし、本葛も本蕨粉もべらぼうに高い。100g=1500円くらいだ。

なので、失敗するかもしれないので、偽くず粉と偽蕨粉を買ってきた。

f:id:yoshinori-hoshi:20180922132855j:plain

 

 

 

 

 

f:id:yoshinori-hoshi:20180926082859j:plain

 

そのまま食べても粉っぽいだけだ。よくわからない。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20180926083000j:plain

 

なので、水に溶いて飲んでみた。味は変わらない。薄味の粉薬みたいな感じ。

若干わらび粉の方が風味が強い。しかし、粉薬の風味だ。

両方とも偽物なので、本物をいずれ試したい。

 

作り方は超簡単である。

いや、ほんと、バカみたいに簡単である。

くず餅もわらび餅も作り方は共通。

粉1:砂糖1:水8である。

なので、以下の写真だと、

粉50g

砂糖50g

水400cc

以上。

砂糖はグラニュー糖でも黒糖でも、どっちでも美味い。黒糖の方が和菓子っぽい味になる。しつこいかもしれない。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20180922153310j:plain

上記の材料をナベに入れてかき混ぜる。

このとき、ナベをはかりに乗せて、そこへ粉や砂糖を加えていけば、いちいち計らなくてすむ。

こいつを中火にかけて、7歳児曰く「グルーガンみたい」になるまでかき混ぜる。

5分くらいかな。

f:id:yoshinori-hoshi:20180922153548j:plain

 

あとは弱火で気が済むまでかき混ぜる。

冷やせば完成。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20180922165027j:plain

 

きな粉と黒蜜をかける。

f:id:yoshinori-hoshi:20180922165334j:plain

 

上記はくず餅だが、わらび餅も全く同じ手順。わらび餅は冷やす前に熱々の物をきな粉にまぶして食ったが、熱かった。

わらび餅とくず餅は食感が違う。わらび餅の方がネチョネチョしている。

簡単なくせに滅茶苦茶美味い。

水を350mlで作ってもみたが、粘度が上がる。

 

 

特撰本葛粉/100g TOMIZ/cuoca(富澤商店) 葛・わらび 本葛

特撰本葛粉/100g TOMIZ/cuoca(富澤商店) 葛・わらび 本葛