文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

金曜は映像 アイ・イン・ザ・スカイ 感想 レビュー

 

 

こんな酷い映画は観たことがない。

これを見て、ほんと人間が嫌になった。戦争が嫌になった。

この作品の中に、だれも悪者は出てこない。だれも善人は出てこない。

しかし、子どもを殺してはいけないという良心は出てくる。

そして、テロリストを野放しにしてはいけないという良心も出てくる。

ただ、その良心と良心が妥協点を見出そうとして、

結局最低な結末になる。

ただ、この作品、これ以外の結末は考えられない。

こんな最低で酷い映画を観たことがないが、これほどすごい作品は滅多にお目にかかれない。

見終わった後、憂鬱になること間違いなしだが、近年の戦争を語る上でも、絶対に観るべき映画だ。

戦争の悲惨さを訴える映画は数あるが、これに勝る物はない。

内容はサンデルでおなじみのトロッコ問題であるが、トロッコ問題が単なる思考実験ではないと言うことを味わあせてくれる。