文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

金曜は映像 マンマ・ミーア! 感想 レビュー

 

マンマ・ミーア!(字幕版)

マンマ・ミーア!(字幕版)

 

 

マンマ・ミーアは直訳するとイタリア語で「私の母」であるが、オー・マイ・ゴットと同じ意味らしい。「なんてこった」という意味。

映画は面白い。アマンダが良い味を出している。アマンダの作品が見たくて、ついついTIMEをまた見てしまった。

改めて観たがTIMEは傑作である。

さて、マンマ・ミーア!であるが、話の内容は大したことない。アマンダの母親があばずれで、やりまくった挙げ句にアマンダができたので、父親候補が三人いるというはなし。その三人をアマンダは結婚式に呼んで、本物のパパとバージンロードを歩くというなんとも悪趣味な話である。ちなみに、パパ候補の一人は元007である。

目も当てられぬ筋書きだが、映画はハッピーで明るい感じに仕上がっている。ミュージカルなので音楽も楽しめる。お勧めだ。

ちなみに、マンマ・ミーアの続編が公開中である。アマンダの母親が三人とやりまくった過去が舞台のようだ。面白そうだが映画館で観る気はしない。彼女と一緒に観るとかなら楽しそうだが、おっさんがひとりで観る映画ではないだろう。おとなしくプライムになるのを待つのみ。

 

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

www.mammamiamovie.jp