文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

マリコ/マリキータ 池澤夏樹 感想レビュー

 

マリコ/マリキータ (角川文庫)

マリコ/マリキータ (角川文庫)

 

 

池澤夏樹の作品。グアムで文化人類学者の青年が不思議な女性と出会う。という話である。不思議な女性、確かに不思議ではあるが、そんな化け物的な不思議さではない。異国の地で一生懸命に生きている。前向きではつらつとした女性である。

逆に、妙な原住民の調査をしている主人公の方が不思議な青年であろう。

一夏というか、夏の一瞬の、淡い恋愛小説だ。さわやかな作品で、かき氷を食べたみたいな、短編だしあっという間に終わる。

思わずグアムに行きたくなってしまう作品である。