Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

清水夫妻 江國香織   ピラニア 堀江敏幸 を読んだ

 

 ↑に収録。

 

清水夫妻 江國香織

一風変わった清水夫妻。ある日、飼えなくなった猫を譲ったことから、深いつきあいになる。清水夫妻の趣味は新聞の訃報欄をみて葬式に行くこと。主人公も清水夫妻と仲良くなるにつれて、葬式が趣味になってしまう。

葬式という非日常に通うことによって、そこで垣間見られる生と死の境目、生から死へ移行した瞬間の人々の反応、そういうものが上手く描かれている。

主人公は恋人から求婚されるのであるが、それを断ってしまう。その理由が葬式を想像できないから、という不思議な感覚に陥る小説。

 


ラニア 堀江敏幸

一見するとヤオイ小説である。相良さんという行員と、安田さんという中華料理店のマスターの話で、それぞれの生い立ちのようなものが描かれている。どちらかというと安田さんが主人公だろうか。

なぜ、タイトルがピラニアか。安田さんは熱帯魚が好きで、いろいろ飼っているうちに、ピラニアを譲り受けることになる。安田さんは自分の料理が美味いかどうか自信が持てない。袖に付いたラーメンの麺をピラニアに食わせる。しかし、ピラニアは美味いのかまずいのか、やっぱりその表情はわからない。

しかし、この小説は面白い。ヤオイだからといってつまらないということはない。普通の人間の人生などはほとんどヤオイで、だからといってつまらないという訳ではない。他人のちょっとした半生を覗いた、そんな作品である。