Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新! 現在35日チャレンジ中! 火曜 文具  水曜 食い物  木曜 小説  金曜 映像 土曜 お題  日曜 政治社会  月曜 ダンディズムで更新!

庭 山本文緒  一角獣 小池真理子 を読んだ

今日こそはガチで銀座へレッツゴーだ。

いまだに冬のパジャマを着ていて熱くて寝られない。

夏物のパジャマが欲しくなった。

男市でパジャマ、ダンディズムとしてどうなのか、という問題は置いておく。

 

 

 ↑これに収録。

 

 

庭 山本文緒

九頁しかない。短い作品。母が急逝して、庭に咲き誇る花々をどうしようか、父と娘で思案する。父はもちろん、花の手入れなどをしたことはない。母は生前ガーデニングの勉強会に申し込んでいて、前金を払っているのでもったいないから、という理由で父がガーデニングの勉強を始める。

花という対象を通じて、父と娘が母を思う。回顧する。そんな作品。


一角獣 小池真理子

早く歳をとりたい、そんな欲望しかない女が主人公。女は日々を生きているのであるが、意志がはっきりしないというか、目的がないというか、ただ流されるような生活を続けている。32歳だが少女のようで、男からはモテるのであるが、それは深い愛情とかではなく、ただ遊ぶだけで終わってしまう。

そんな女は版画家の家政婦となる。版画家は女に手を出すことはしない。女は初めて惹かれる思いがする。版画家の話は小難しいが心地よい。しかし、そんな版画家との暮らしも、版画家の自殺によって終止符が打たれる。そして、版画家が飼っていた猫もどこかへ行ってしまった。

これほど、もの悲しい作品を私は知らない。霧雨が降り続けるような、静かなトーンで最後まで描かれる。女がなにを考え、どう思っているのか、控えめなタッチで描かれており、こちらのイマジネーションをかき立てる。