文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

リーバイス501と黒のチャッカブーツ

前回、レッドウィング875アイリッシュセッターとリーバイス501を比較した。

今回はチャッカブーツだ。

個人的にはこっちの方が落ち着いた感じがする。

春めいてきて、遠藤に黄色い菜の花が咲き誇っていた。

菜の花と言えばおぼろ月夜で、その歌詞の最後は、

「夕月かかりて、匂い淡し」

である。

今でこそ匂いは臭覚的なものをさすが、もともと、「にほい」は「丹ほい」であり、視覚的なものを言った。

この視覚的な意味の「にほい」を使わせてもらうと、875は少しにほいの取り合わせがいまいちで、若干きつい気がするのだ。

それにくらべて、黒のチャッカブーツは、つまらない、とも言えなくはないが、落ち着いてそつがない「にほい」なようなきがする。

 

 

ロールなし

f:id:yoshinori-hoshi:20180318114246j:plain

 

ロール2cm

f:id:yoshinori-hoshi:20180318114223j:plain

 

二重ロール

f:id:yoshinori-hoshi:20180318114154j:plain

 

 

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp