文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

ジーパンって実は滅茶苦茶難しいだろ。

 

 

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp

ジーパンを買ったという話は前に書いた。

高かったせいもあるのか、こいつを異様に気に入っていて、カジュアルで出かけるときはだいたい履いている。

ジーパンは基本、洗ってはいけない。当たりを付けるためにも、頻繁な洗濯は厳禁である。

さて、先日3回目の洗濯をしたのであるが、ずいぶんと色が抜けて、この写真のような黒に近い紺から、普通の紺色っぽくなってきた。青みが増したというわけである。

より一般的なジーパンの色に近づいた、と言えばそうなのであるが、なんとも合わせにくくなった。

黒っぽいときは色を気にしないでよかったが、青になると、それですでに一色使われているために、ネルシャツならなんでもいいとは行かなくなる。

ジーパンで色、シャツで色、ジャケットで色、などとやってしまうと、もう色がうるさくてキモい。

意識しない系メンズのジーパンコーデはだいたい色がうるさすぎる。

すると、ジーパンには、白か黒のTシャツが一番合うということになり、結局ジョブズアルマーニのコスプレみたいになる。

青いジーパンは履いたらシャツは白か黒。ジャケットは黒、ネイビー、もしくはベージュ。靴も変な色はやめた方がいい。そんな制約の中でコーデするのもジーパンの醍醐味か。