Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新!

西部氏の自殺は今年最大のニュースである。

西部邁氏がMXでやっていた西部ゼミナールは好きでよく見ていた。

氏の思想が影響力を持つのは、思想そのものもさることながら、その生き様であろう。見事としか言いようがない。

氏は、近年の自然死を病院死だと言って嫌っていたそうだ。

だれだって寝たきりになって、病院に生かされるのは嫌である。嫌だからと言って氏のようにすぱっと生を捨てられるかと言えば、そうはいかないだろう。

 

まさに有言実行。今回の自殺は氏の思想表現の延長に他ならない。そして、その表現は成功したと思う。

誰か死んだら「ご冥福をお祈りします」というのが普通であるが、どうも西部先生にはこの言葉が似合わない気がする。

同じ自殺でも氏の自殺は追い詰められて、打つ手がなくなって、世を悲観して、などの受動的な自殺ではなく、もっと意志に満ちた、未来を切り開く、能動的な自殺である。誤解を恐れないで言うと、氏は自殺によって社会改革を行ったのだ。

 

s.mxtv.jp