文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

トラウザーズの折り返しは、糸で留めるべきか、スナップで留めるべきか

松屋で作ったフランネルのダブルはいい。明るい紺でわたし好みの色だ。ダブルで黒蝶貝のボタンをつけたので、かなり派手である。黒蝶貝は黒と言うよりも茶色が強く紺とよく合う。明るい背広なので、タイとシャツを間違えるとホストかチンピラのようにもなってしまうという難易度の高いスーツに仕上がった。

トラウザーズももちろんダブルにした。そこで悩んだのが、糸で留めるか、スナップボタンで留めるかである。本式はもちろん糸で留める。スナップで留めると、光の差し具合によるとスナップがキラッと反射することがあり気になる。ただ、糸だと引っかけて切ってしまったり、中に溜まったゴミを出しにくい、などのデメリットがある。

格好良さをとるか、利便性を取るか。なにも言わなかったらスナップボタンになっていた。自分から「スナップにしてくれ」とは、ダンディズム云々言っているものとして口が裂けても言えないが、なにも言わなかったらスナップになったと言うなら、それはそれでよしとする。

 

↓ダブルの裾からちらりと覗くスナップボタン。

f:id:yoshinori-hoshi:20171209085727j:plain

 

どうしてつや消しでやらないのか不思議である。一応黒は使っているくせに。もうあと一歩なのだ。プラスチックのもあるらしい。そういうのを使うべきかも。