Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

海原の用心棒 を読んだ

以下ネタバレ

短編集に入っているが、中編近くある長さ。おそらく人類滅亡後の世界でAIが操縦する潜水艦同士の戦いを鯨の視点で描いた作品。秋山氏の筆力はすごいの一言に尽きる。鯨社会がリアリティをもって迫ってくる。最初しばらくは、鯨の視点だということがわからないところも面白い。

老鯨が若い鯨に過去の武勇伝を語るという形式で書かれている。だから、そこには誇張もあるかも知れないし、嘘もあるかも知れない。そんなことをハラハラしながら読むのがまた楽しいのである

鯨の視点からの潜水艦の擬人化。これを単に「鯨バカだなぁ」で終わらしてはもったいない。イブの時間でも書いたが、AIが人間的かどうかは、人間がそれを人間的と思うかどうか、の問題に過ぎないのだ。

アンドロイドをみて人間だと感じている人間がいるならば、潜水艦を見て岩鯨だと思っている鯨がいてもおかしくない。実際にスイフトは岩鯨に意思はないと見抜いていて、主人公と議論になる。