Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

ハーラン・エリスン 「クロウトウン」

ハーラン・エリスンのクロウトウンを読んだ。

ヒトラーの描いた薔薇で頭にハテナマークが浮かび上がりまくったので、「地下に広がる神話的迷宮世界を描いた傑作『クロウトウン』by解説」を読んでみたくなったのだ。

 

なんとなくハーラン・エリスンの魅力が分かった気がする。

 

以下ネタバレ

 

本作も荒唐無稽だが、その世界の雰囲気、文体、質感、そういうものが素晴らしい。

内容は本当にくだらない。

女とやりまくりの男が、また女を孕ませて、掻爬する、というところから物語は始まる。掻爬したものをトイレに流すのだが、女がそれを拾ってこいと無理難題を押しつけられ、とりあえずマンホールの中に入る。すると、そこには乞食やワニや地底人がいる、というお話し。

 

こう書くと身もふたもないが、マンホールの話だけに蓋はある。文体が秀逸なのだ。

例えば、マンホールを開けたときの文章。

「マンホールの口から、汚れた都会のにおいがたちのぼってくる。ひんやりと冷たい、うち捨てられた風。鼻毛がむずむずし、僕は顔をそむけた」

等である。

短編集なので、まだまだ話は入っている。楽しめる一冊。