Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

笑うのは共産党 左翼大連合

一見すると共産党議席を減らすと出ている。しかし、本当だろうか? わたしは共産党はもっと強かな政党だと考える。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20171019082439j:plain

 

今回の選挙の隠れたキーワードは野党共闘だ。そして、野党共闘を主導したのは共産党であり、実際に野党共闘のために候補を下げて、立憲、無所属の左派候補に選挙区を譲っているのも共産党である。共産党はしっかりと血と汗を流している。

さらに、ここからがすごい。立憲や無所属で党組織のない選挙区には、がっつりと市民連合を名乗る共産系が入り込んでいる。そこでは、民進党の地方議員や労組の出る幕はない。

面白い流れだな、と思ってみていたところにこのニュースだ。なんと、志位が首班指名で枝野を推すという。

www.zakzak.co.jp

 

実際に立憲民主党の候補者の演説では、「消費税凍結」「反アベ」「安保は違憲」だけでなく、「戦争反対」「平和憲法護る」とまさにイコール共産党と同じ主張をしている。

思い出して欲しい。前原がなぜ民進党をぶっ壊したか。前原は「共産党とは一緒に出来ない」と言って民進党をぶっ壊した。その前原と行動を共にしたものが希望の党へいき、行けなかったものが立憲民主党となった。最初から立憲民主は共産党新派なのだ。

顔ぶれを見ても、枝野、辻本、管、佐々木隆博など社会党系の左翼。わかりやすい。だから、野田や原口は立憲には入らず、無所属で出ている。

民主党民進党は左翼イデオロギーをオブラートに包みつつ、反政権票を集めていた。しかし、民進党はドレッシングのように分離して、希望系と左翼系にはっきりと分かれた。

野党共闘というのは不正確で、本来は左翼共闘である。だから、共産党立憲民主党を支持するという事態になった。自民系保守に対抗する分かりやすい構図だ。志位さんが言うように、共産党立憲民主党社民党が合流し新党なり合同会派を作る大義は十分ある。さらに、先細りになった左翼にとって、内ゲバをやっている余裕はない。選挙後の政界再編が楽しみである。