Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

インターステラー を観た ハミルトンの時計

 

 

久しぶりに真面目でSFで面白い映画だった。今から数十年後の未来で、食糧難により地球に人間が住めなくなるのではないのか、という設定。そこで、NASAパイロットが住める星を求めて宇宙に旅立つ。

 

ネタバレ有り

 

それだけでも面白いのであるが、そこに親子の繋がりを設定する。地球に住めなくなった人類のためにNASAはプランAとプランBをつくる。Aは重力をいじくって、宇宙ステーションに人類を移住させるというもの。Bは一部の人類だけを移住させて、繁殖させるというもの。

プランAは実は不可能だったと、博士は死ぬ間際にいうが、高次元空間に飲まれたクーパーは娘にプランAが可能なことを未来から告げるのだ。高次元空間の中では、過去も未来もつながっている。物理現象のように時間をとらえることが可能なのだ。

そこで、娘に高次元空間から重力の謎を教えるのに、時計の秒針を使ってモールス信号を送る。その時計がハミルトンなのだ。

クーパーのハミルトンは普通に販売されているのであるが、娘のハミルトンは映画のための特注ということで売られていない。わたしが調べた範囲だと、カーキ パイオニア オートが近い。

左がクーパーの時計。右が娘の時計。

f:id:yoshinori-hoshi:20170802082415p:plain

 

娘の時計拡大

f:id:yoshinori-hoshi:20170802082528p:plain

 

 

カーキ・パイオニア・オート

カーキ パイオニア オート[H60455593] Khaki Pioneer Auto | ハミルトン メンズ 新品 時計

 

なぜ、ハミルトンは娘の時計を売らなかったのであろうか? やはり、重力で時間が狂うというのは時計メーカー的に納得がいかなかったのかも知れない。なかなか格好いいし、インターステラーは素晴らしい映画なので、ファンが買うと思うのであるが。

 

クーパーの時計。

 

 

 

クーパーの時計っぽい時計。