文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

バーウィックのヒールを交換した

ホーキンスのスペインライン。バーウィックが作っている。この靴はソールがラバーなので、歩く時とかはいつもこれを履いていた。一年三ヶ月で、踵が結構すり減った。

 

こんな感じ。

f:id:yoshinori-hoshi:20170729181615j:image

f:id:yoshinori-hoshi:20170729181627j:image

 

 

近所に靴のリペアをやっているところがあったので、見せたら交換した方がいいとのこと。1日もかからずに3000円ポッキリでできたので、安心して履けると思えば安い。

 

もともとVibramだったようで、交換したのもVibramである。

 

なかなか綺麗に交換できた。交換後、数回履いたが今の所なんの問題もない。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20170729191602j:image

f:id:yoshinori-hoshi:20170729191652j:image

 

 

一応ダンディズムの世界では踵がすり減った靴はダンディではないと言うことになっている。じゃあ新品がいいかといえばそんなことはなく、年季の入ったものを手入れして履くのが基本的なダンディズムである。

 

バーウィックはおすすめだ。適当に貼る。

 

 ↑これ欲しい。