読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

「プロミスト・ランド」を観た

 

プロミスト・ランド [DVD]

プロミスト・ランド [DVD]

 

 

今日は5時に起きられた。でも、ボケッとして、着替えて、コーヒーをいれて、PCの前に座ると、もう5時30分だ。時間が経つのは速い。ところで、昨日貼り付けた細口ポットは間違いで、わたしのには電気はついていない。ただのポットだ。電気の有る無しで、値段が4倍ほど違い驚いた。

 

 

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV

 

 

ネタバレ注意!


さて、プロミスト・ランドである。プロミス・ランドではない。変な邦題を付けられずにほっとしている。下手をするとこんな邦題が付きかねない。


「ガス採掘業者と謎の環境保護活動家」

 

面白い作品。amazonビデオだと324円なのでTSUTAYAから借りてきた。

シェールガス採掘業者が、農村地帯を買収しようという話である。

わたしは大概の作品のネタバレを気にしないが、この作品はぜひ、ネタバレなしで観て欲しい。以下、ネタバレを含むので、観る予定の方は、作品を観てから読んで欲しい。

一番の見所は衝撃の曇天返しである。わたしは予め知っていたので、ああ、そこでバレるのか、程度にしか思わなかった。ただこの作品、実は二回曇天返しがあった。

一つ目は、マッドたちの買収を妨害する環境活動家が、実はマッドたちと同じ会社の人間であるということ。マッドたちが買収しようとすると、反対派が現れる。そして、3週間後投票で決めるということになる。環境活動家は反対派に近づいて、ガス採掘をすると環境に甚大な影響を与える、という情報を吹き込む。そして、反対派は勢いづくのであるが、実は環境活動家はマッドたちの会社の回し者で、その情報はデタラメなのだ。デタラメが暴かれ、環境活動家の信用が地に落ち、つられて反対派の信用も地に落ちる。そして、投票はガス採掘賛成派が勝つという曇天返し。

のはずだった。ここまでは実に社会派的な作品なのである。だが、なんと二つ目の曇天返しが起きる。マッドは自分の力で賛成派を勝たせようと、環境活動家に対抗していたのに、実はその環境活動家が会社の回し者だと知ってプライドをひどく傷つけられる。そして、あろう事か、「僕の会社はこんなに卑劣なんです」と発表して買収事業を自らお釈迦にしてしまうという、なんともヒューマニスティックなことをしてくれるのだ。

なので、こういう推測も成り立つ。賛成派と反対派は拮抗してた。環境活動家は会社から派遣されたスパイであるが、実は二重スパイで、マッドのプライドを傷つけ、会社の人間であるマッドの口から、会社を批難させる。そのことによってガス採掘を阻止するという。

それは深読みしすぎであろうか? でも、環境活動家が、「ルイジアナ」と口を滑らし、そのあと、「ああ、やっぱり(会話なんかしないで)車に乗り込んでおくべきだった」と弁明するあたりが、どうも二重スパイ臭いのである。