Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

キャスト・アウェイの魅力が何となくわかった

 

キャスト・アウェイ [Blu-ray]

キャスト・アウェイ [Blu-ray]

 

 

   

先日、キャスト・アウェイの感想を書いた。面白かったのだが、今思い返すと、なぜこの映画にあれほど引き込まれたかに気がついた。

トムハンクスが無人島に流されたとき、羨ましい、と感じたのだ。無人島で一人だけの暮らし。それはそれで苦労は多いのだろうが、人間社会の苦悩から解放されたには違いない。だから、トムハンクスが島から出るとき、残念さを感じ、ため息をついたのだ。ああ、また人間社会に戻ってしまうと。

わたしの将来は五里霧中だが今は比較的恵まれて満足な暮らしを送っている。もちろん、人間関係で消えてくれると非常にうれしいひとも何人かはいるが、彼らがいたところで、プラスマナスして今の暮らしにさしたる不満はない 。

なのに、すべてをぶちこわして無人島で生きてみたい思いがあるのも事実なのだ。べつに、飛行機が墜落しなくても、失踪して乞食にでもなればすべてを投げ捨てることは可能なのだろうが、そんな気はほんの少ししかなく、やる予定はさらさら ない。だからこそ、飛行機が墜落して無人島という、不可抗力がなんとも羨ましかったりするのだ。

ある種の自殺は社会からの離脱だろうし、無人島暮らしというか、社会関係を断ち切りたいという思いは誰にでもあるのだろう。