Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

マリネッラのネクタイ

六本木はおしゃれな街で、レストランも気持ちよく食事ができて、そんな空間にいるとつい身の程を忘れてしまう。気持ちが大きくなって、友人と別れた後、ミッドタウンにマリネッラを見に行った。

わたしはそれほど高いネクタイを持っているわけではない。ピエールカルダンアルマーニ、五大陸、クリケットダンヒルなどを普段絞めている。

マリネッラはミッドタウンの入り口のほど近いところにあり、すぐに見つけることができた。その店の小ささに驚いた。ネクタイを売るのに広い売り場が必要かといえばそんなことはなかろうが、駅の中にあるニューデイズよりも小さい。ミッドタウンの中になかったら、怪しいパチモン店としか思わないだろう。先客が一人いて賑わっていたので、ミッドタウンを1周してからもう一度行った。今度は店員しかいなかった。

マリネッラは高い。そこらのスーツよりも一本のネクタイの方が高い。もちろん買うつもりなどなく、いわゆる最高級と言われるものを見てみたいと思っていただけだ。

店に入って、一番最初に目についたのはセッテビエケマ無地のネクタイである。無地でもいろいろ種類があり、ヘリボーン柄、生地にざらつき感のあるもの、光沢のあるもの。
「なにか気になるものがございましたら」
「紺が気になるね」
とわたしが言うや否や、とても気の利く店員はどこからともなく数種類の無地で紺のネクタイを出してきた。ネクタイを袋から出してノットの形を作って並べてくれる。私はそれを胸元に当てて鏡で確認するのだが、それをしたが最後である。やはりよいネクタイはよい。見栄えがまるで違う。このネクタイを残して帰ることなど到底できなかった次第である。

絞め心地などは追ってレポートしたい。

 

 

 

 

 

 

www.marinellatokyo.jp