読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

ローファーはキツいべきかユルいべきか

15 ダンディズム

一般的にスリッポンは紐で縛ることが出来ないのでキツめのものを買うべきだという意見が多い。

先日、靴屋で色々なローファーを試していた。色は気に入ったのだが、サイズがない。逆にサイズはあるが色がない。そんな感じで、ああでもない、こうでもない、と店員と話していると、店員がこんなことを言った。

「ローファーですからね。あえてユルいのを履くっていうのもありですよね」

この一言はスリッポンはキツめと習ってきた自分にかなり衝撃を与えた。ローファーの語源はいろいろあるが、もともと室内履きのリラックス用に開発されたことは間違いなさそうである。そして、その性格からしても気楽に履いてしかるべきものなのだ。あえてキツい修行のような靴を履く必要はないのである。もともとカジュアルなのだから、ちょっと脱げそうなやつのほうが、気楽でお洒落かも知れない。