文学・文具・文化 趣味に死す!

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログ。小説、映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係、食い物、酒、文具、ただの趣味をひたすら毎日更新し続けるだけのブログ。 

her 世界でひとつの彼女を観た

人工知能との恋に落ちる映画。人工知能映画なのでSFの棚にあると思いきや、ラブストーリーの棚にあった。内容も、AIが問題になるというよりも、恋という感情を問題にしている作品であった。

恋愛という人間の感情を浮き彫りにするために、マシーンという本来感情を抱かないニュートラルな存在と対比させている。

主人公に感情移入しやすい構造になっていて、感情移入して観ていたのだが、ふと気づいたとき、恋愛とは決して順風満帆であることが恋愛の目的というか、理想ではないということを思った。

主人公が色々人生や恋愛で悩む、その悩みにこそ筆舌に尽くしがたい恋愛の魅力を感じた。それは、恋愛に限らず、人生にも当てはまることだと思う。この、幸福を望みつつも、幸福であり続けることに耐えられない人間という存在は、AIやスーパーインテリジェンスとは違う存在なのだろうか。

 

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]