Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

ネクタイのノットはどうするべきか。プレーンノット、ダブルノット、セミウインザーノット

さて、ネクタイの結び方であるが、教本によってお薦めが全然違う。普通教科書って言うものは大体同じことが書いてあるものだが、こと、ファッションに関してはそうではないらしい。

まず、わたしが敬愛する落合先生はダブルノットを推奨。

 

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで

 

 


この本ではセミウインザーノット

 

男のお洒落基本の服装術

男のお洒落基本の服装術

 

 


宮崎さんはプレーンノット。

 

 


ある情報では、カラーの角度によって変える、という。レギュラーカラーはプレーンノット。ワイドカラーはウインザーノットという具合に。確かに、襟の角度がキツイレギュラーカラーに小さいノット、というのは理にかなっているような気もする。

しかし、宮崎さんは、ワイドカラー、セミワイドを薦めていて、かつ、プレーンノットを薦めている。先ほど、理にかなっていると言ったが、ワイドカラーにプレーンノットは全くおかしくない。むしろ、シャープでクールだ。

自分的にはハイカラーには大きいノット。小さいカラーには小さいノット、のような気がする。襟がちょっとしかないシャツにはノットを極端に小さくしたプレーンノットで決める。これは、カルヴァンクラインがやっていた。