Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

脱ユニクロをしていたのだが

byronkoさんがコメントをくれた。おかげで、自分はスペルミスに気がついた。
昨日の投稿でSu Mizuraの語源がわからないと書いたが、それもそのはず、スペルミスだ。
正しくはSu misuraである。
Suはto
misuraはmeasure
なので、to measureで誂える、という意味。
大変失礼した。

 

今日の本題 脱ユニクロをしていたのだが

自分は気がついたらワードローブがユニクロばかりになっていた。お洒落を志そうと思ったのは、ある日ふと気づいたら、ワードローブ、そして着用していた服が上から下まで(靴下まで。ちなみに靴はGUだった!)ユニクロだったからである。

特に、GUが出てからは、GUではなくユニクロで買い物をする自分に優越感すら感じていた。これは重篤である。なるべくユニクロを買わないことからお洒落を始めたのである。

だが、先日旅行に、ズボンの替えを持っていくのを忘れてしまった。恰もよく近くにユニクロがあったので入ってみた。そして、コットン100%のハーフパンツを2千円弱で買ったのである。この製品が実に素晴らしいのだ。

ユニクロの製品がしっかりしているというのは確かだ。ただ、素材がポリエステルとか混ざっていると、安っぽく見えてしまうし、肌触りも安っぽい。素材が良い布で作られたユニクロ製品は実に良い。

ネット界隈でも、ユニクロのパンツの評価が高い。上着は値段を抑えるために安い素材を使うのでどうしても安っぽくなる(ウールのジャケットはなかなか良かった)。パンツは布のロスが少ないせいか出来が良い。あの暖パンは一着買おうかと考えている。新しく出たコーディロイのもいい。これは試着したので、別の日に書く。