読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

万年筆の金銭感覚はやっぱりおかしいのか

09 文具 stationery

 

 今、万年筆と新しい机が欲しい。机は必要性に迫られてだが、万年筆は気分的に記念的に欲しいだけ。なくても全く困らない。

万年筆とは不思 議なもので、必要性によって欲しくなるものではない。なんとなく、それを手に入れることによって必要性とか実用性とかとは別に快楽が得られるのだ。絵画や 骨董に似ているかも知れない。それなのに、書きやすくなければいけないとか、字幅とかを無駄に気にしてしまう。

当然価格も実用性を反映するものではない。ぶっちゃけた話、数万円の万年筆より150円のジェットストリームの方が遙かに便利である。

新しい机が欲しくて探している。今使ってる机はビンテージ過ぎてしかも小さい。机もピンキリであるが、自分は2万円以内のを探している。さて、机など一度買えば環境が変わるまで永遠と使うことだろう。けちる必要はないのに、2万円以内などと妙な制限を設けている。

万 年筆は云十万円というのは買えないが、2、3万くらいだと意外にいってしまう。机に出せず、万年筆に出してしまうというのは、金銭感覚が狂っている以外の 何者でもない。質量的に机は万年筆の数百、いや、数千倍だ。机の上に、机と同じ値段のペンが転がっていると思うと、狂った金銭感覚を修正せねばと思うので ある。

アマゾンなら13,000円か……

セーラー 万年筆 プロフェッショナルギア銀 細字 11-2037-220 ブラック

セーラー 万年筆 プロフェッショナルギア銀 細字 11-2037-220 ブラック