Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

ちょっと高い筆記具は胸ポケに差すべからず

(100日連続更新61日目)

今日も一日中いろいろあり、夜はとどめの新年会なので、今更新する。新年会も友人とやるのは楽しいが仕事関係はだるい。しかも、仕事関係ばかり新年会が入り、今年は友人達と出来ていない。先日の知人との会話。「仕事関係の新年会ってやりたい奴いるの?」「いないんじゃないの」「なんでやるの?」「仕事だからっしょ」

と言うわけで本題。

お気に入りのボールペンをなくした。新年会で。ハイテックCカヴァリエである。3,000円もしたのである。やはり、胸ポケに差すボールペンは200円以内にするべきだ。頻繁に使ったり貸したりしているうちに、いつの間にかどこかに行ってしまう。

高級筆記具を持ち運びたいのであれば、ちゃんとペンケースに入れるべき。自分の場合、万年筆等高級筆記具はペンケースに入れている。そして、ここぞというときにペンケースを開いて使うのである。使い終わったらちゃんとしまう。

メモなどはさっと書かなければいけないので、普段から胸ポケにペンを差しているのだが、ハイテックカヴァリエのあまりの書きやすさ、細さ、についつい差して出かけてしまったのだ。運の尽きである。

なかなかカヴァリエほどに書きやすいペンはない。代わりを務められるのはスリッチなどがおすすめである。自分は0.25、0.3、0.5の径を持っている。0.3などはカヴァリエ0.4にかなり近い。カヴァリエ同様、この細さがいいのである。