Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

当たり前すぎるほど当たり前のことは基本の基本。イメージを現実化するための練習

一昨日の続きではないが、もう一つ、硬筆書道をやっていて気づいたことがある。それは、練習しなければ上手く書けないと言うことである。単なる縦線を書くだけでも、練習しないと思ったように書けないのである。

字を思ったように書くのは難しい。が、もっと難しいことがある。字と字のバランスである。字と字のバランスをとり、さらに紙面全体のバランスをとる。一文字一文字は上手に書けたと思っても、バランスが悪いと下手くそに見える。逆に和歌のカナ文字などは、バランスが全てであり、ものすごい崩し方をしたり、万葉仮名を使ったりして紙面を整えている。

中国では書画同一という。書も絵も同じという意味である。日本でも書画骨董とひとくくりにする。画の旧字体は畫である。字面から似ている。

自分は絵も囓ったことがある。絵も書と同じで、まず筆を動かすのが難しい。心の通りに筆が動かないと、どれほど良いイメージを持っていても上手く描くことはできない。当たり前すぎるほど、当たり前のことである。