Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

正解するカドを観ている

正解するカド Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版) 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2017/07/26 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る 放映中のアニメである。現在7話まで放映されている。わたしはプライムで観ている。プライムは0…

銀座の中心で日本は日本人のたの国

ブレクジットやトランプ選出に際して、東浩記が 「この現象は都市部対農村部の対立。グローバル化の恩恵を受けている都市部とグローバル化の被害を被っている農村部に対立であり、ロンドンの住民は、イギリスの田舎の住民よりも、ニューヨークや東京の住民と…

松屋、銀座の男市に行ってきた。初日にだ。2017年5月11日

「銀座の男」市 2着で29,800円+税(32,184円) |MATSUYA 松屋| 一昨日は寒かったのに、昨日は暑かった。わたしはちょうど去年の夏にオーダーした麻の生成りのジャケットを着ていた。ギリギリ快適の範囲に入る気温だ。ネクタイは黒のニットタイ。 ↓昨日の…

楽園追放を観た

ネタバレ注意。以下あらすじ。 地球人は進化して、宇宙のデータベースで電脳化して暮らす人と、地球に取り残された人々に別れている。 ある日、宇宙のデータベースが地球からハッキングされる。データベースに暮らす捜査官のアンジェラ(美少女)が地球人の…

法月倫太郎のノックスマシーンを読んだ

ノックス・マシン (角川文庫) 作者: 法月綸太郎 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2015/11/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る なぜ、法月倫太郎を読んだかというと、若干話が長くなる。 わたしはSFを書こうと思っていて、SFの…

わらわ 童

五歳児がふりかけに入っている魚を見て、「これ小魚って言うんだよ」と言っていた。 「なんで小魚なの?」 と聞くと、「分からない」という。 「ほら、考えてご覧。小さい猫は子猫、小さい犬は子犬」「あ、小さい魚!」「お前は小さいからコワッパだな」 な…

パプリカを観た

筒井康隆原作の映画である。他人と夢を共有でき、他人の夢に入り込む機械が盗まれる。その機械を使っているものの夢に入り込み、犯人を捜す、というあらすじ。 わたしは夢について色々な解釈をしてきたが、この映画に出てくる夢は、夢か現実、それが実に曖昧…

共感や感情移入が人間的だと?

昨日の投稿の最後でこんなことを書いた。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp 「(AIやロボットでも)自らの機体やプログラムの存在の重要度を数値化して、それを他の機体の存在やプログラムの重要度の数値と比較して、他の機体やプログラムを温存する行動を…

sympathyとempathy

sympathyとempathyは日本語では両方とも「共感」と訳してしまうが、この二つはもちろんちがう言葉である。 pathyは感情や苦痛や療法という意味の接尾語。symは同様にとか共に、とかの意味。emはその性質にする、させる、みたいな意味。 辞書では、sympathyよ…

生物を作るAI

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp この投稿以来、波はあるもののSFに対する憧憬は以前健在である。一年以上経っているわけだ。 とりわけAIやロボットに興味がある。全般的に人間を超えるAIは可能なのか。これを考えると、人間とはなにかの堂々巡りであ…

どうも、とは

よく使う「どうも」の意味が今ひとつ分からない わたしはよく「どうも」という言葉を使う。ありがとう、という意味で使う。どうもどうも、みたいに。 語源は「どうしても」が詰まったものだという。「どうもわからない」=「どうしてもわからない」この言い…

198円の予定が3,780円になってしまった件

車を走らせていたけど、メールを打つ必要が出て、どっか停められないかと見渡すと「やまや」が出てきて、停まったついでにビールでも買おうかなと店内に入ったら、目の前に日本酒コーナーが広がっていて、日本酒が飲みたくなってしまった。 たまには奮発して…

シュタインズ・ゲートの夢の解釈は良い

STEINS;GATE -シュタインズ・ゲート-:コンプリート・シリーズ 廉価版 北米版 / Steinsgate: Complete Series Classic [Blu-ray+DVD][Import] 出版社/メーカー: Funimation メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (3件) を見る 夢は海馬の情報処理の過程で…

ルー・タイスのアファメーション

苫米地メソッドの親分的存在、ルー・タイスのアファメーションを読んでいる。Affirmationとは「断言」という意味である。 なかなか分厚い本で417ぺーじもある。それだけ事細かく書いてある。苫米地先生の本はエッセンス、という感じだが、こちらは背景まで描…

シュタインズゲートを観ている

STEINS;GATE -シュタインズ・ゲート-:コンプリート・シリーズ 廉価版 北米版 / Steinsgate: Complete Series Classic [Blu-ray+DVD][Import] 出版社/メーカー: Funimation メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (3件) を見る 劇場版 STEINS;GATE 負荷領…

ねぶい

最近寝不足で3、4時間睡眠とかが続いている。 わたしは8時間くらい平気で寝られるので、たまには8時間睡眠したい。普段は6時間前後かな。 寝貯めは出来ないと言うが、ちょっとは出来る。8時間くらい寝ると、次の日は3時間でも大丈夫だったりする。貯めた睡…

ミスター・ノーバディを観た

ミスター・ノーバディ [DVD] 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2011/11/04 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (18件) を見る 面白かったか、つまらなかったか、と問われれば、面白かったと答えよう。ただし、この作品は文学的…

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 一人で飯を食うのは嫌いではない。というより、わたしはひとりでいるのが好きなので、ゆっくり、静かに、好きなものを狙い澄まして食うのは最高だ。 ワインに合わせて料理とチーズを選ぶ、ひとりディナーは良い。ただ…

映画 壬生義士伝を観た

壬生義士伝 [DVD] 出版社/メーカー: 松竹 発売日: 2003/06/25 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 205回 この商品を含むブログ (122件) を見る 中井貴一が格好いい。役者である。最近役者ではないのものが映画とかに多く出ていて、観ていて萎えるが、この作…

東芝の臨時株主総会に行ってきた!

わたしが大失敗したのはかれこれ93日前であった。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp 売らずに持っていて、損失は広がっているのであるが、ここまできたらもうネタである。 怒号飛びかう、とかyahooニュースに載っていたが、その通りだった。 なんというか、も…

星新一賞受賞作を読んでみた

hoshiaward.nikkei.co.jp ちょうど去年の今頃、SFにはまっていて、星新一賞でも出そうかと考えていた。結局出さず仕舞いで、久しぶりにサイトをのぞいてみたら、受賞作が発表されていた。しかも、アプリをインストールしたりするのは面倒くさいが、無料で…

日本には超一流アパレルブランドがないという。

日本には超一流アパレルブランドがないという。 toyokeizai.net 面白く読ませてもらった。でも、これは仕方のないことであり、日本で超一流アパレルブランドを作るにはもう少し時間がかかると思う。 というのも、現在のアパレルが、エルメスやヴィトンが作り…

国家や社会にも躁鬱があるのではなかろうか

人間誰でも躁鬱が訪れる。その振幅の大きさや、長さは人それぞれ違うだろう。ホルモンバランスだったり、日々の出来事だったり、理由も様々だろう。もっとも理由は後付けされたものがほとんどで、本当の理由は分からない。分かれば事前に処置できて躁鬱をコ…

最近のこのだるさと焦りはよもやカフェイン中毒ではあるまいや?

カフェインの安全な摂取量は一応決まっているらしい。 このサイトによると tokuteikenshin-hokensidou.jp 一日当たり400mg未満にすべしとのこと。普通のコーヒー一杯200mlには80mgのカフェインが入っているらしい。しかし、わたしのドリップコーヒーはもっち…

モノへの憧れ

ものへの憧れが失われた、と言われている。確かに昔のものには、憧れがあったと思う。それはまた実用的でもあった。少なくとも実用の度合いは高かった。 例えばそれは、腕時計であり、万年筆であったり、車であったりする。しかし今、最も実用性の高いものと…

コートを洗った

今日は天気が良かったので、コートを3着洗った。ウールのコートと、ポリエステルのトレンチコート、ユニクロのダウンだ。クリーニング屋に出すと1,000円近く取られるのでそれはもったいない。脱水をしっかりして、3時間ぐらい干しておいたらほとんど渇いた。…

新作を書いている

久しぶりにひとりのんびりホテルライフ。チョコを食べながらエビスの新作、華みやびを飲んでいる。華みやびは漢字にしなくて正解である。華雅ではさっと読めない。 最近よくあるフレーバー系で、鼻腔に麦の香りが広がる。好き嫌いが分かれるだろう。わたしは…

「abさんご」は独特である

abさんごを読んでいる。文体も、平仮名であることも、内容も、すべて難解である。文体は実に特徴的である。まるで、web翻訳機にかけたようで、考えないと意味が読み取れない。いや、考えても意味が読み取れないことが多い。 文体と平仮名はどうにか我慢でき…

鞄、かくあるべし。

久しぶりに鞄にオイルを塗った。だいたい2ヶ月に一回くらいだろうか。オイルを塗り立ての鞄は飴色に光り実に美しい。これを持ち歩くのは喜びである。 鞄は携えることが喜びとなるものがいい、と言ったのは落合氏である。鞄はとかく実用的な面が強いアイテム…

舞城を返してabさんごを借りてきた

abさんごは芥川賞を取ったときに1ページ読んで挫折した作品だ。読めば分かるが読みにくい。漢字のない文章があんなにも読みにくいとは、ある意味新しい発見である。 日本ペンクラブのyoutubeを最近よく聞いていて、その中で黒田さんの講演があった。あのひら…

特別お題「おもいでのケータイ」 tu-ka

特別お題「おもいでのケータイ」 やはり、初めて持ったの携帯は思い出深い。 わたしはtu-kaのプリペイド式携帯電話を持っていた。 驚くべき通話料の高さで、たしか6秒10円。1分100円である。 インドからかける国際電話よりも高かったのを覚えている。 3000円…

数字を入れ替えても9で割れる

お題「ひとりの時間の過ごし方」 会計をやっている友人が「数字入れ替えて引くと9で割れるんだぜ」と言っていた。なんでも、電卓でカシャカシャ打っていると、たとえば、475という数字を457とか打ち間違えるらしい。間違いを発見するために会計の世界…

ポモドーロ・テクニックなる仕事術

世に仕事術なるものは溢れている。それだけ、みんな仕事に重きを置いている、もしくは、仕事なんかまじめにしたくないので、仕事術なるもので効率を追い求めているとも言える。本当に楽しいことなら、変な術を使って手短に終わらせようなんて考えないだろう…

うまい珈琲がお湯でイギリス人と雪原でラジコンを飛ばす

うまい珈琲が飲みたいね。ということで、四国に引っ越すことにした。四国の住宅街にある、自宅を改築したような珈琲屋は気さくな女主人がいて、確かに美味い珈琲を飲めた。 あまり、珈琲屋に長居しては、とわたしはテイクアウトでもう一杯頼んで外に出た。テ…

楽琴書以消憂 ギターが好きだ。

お題「演奏できる楽器」 わたしはその昔、音楽家を目指していたこともあり、弾ける楽器はかなり多い。物心つく前からピアノを習わされていたのは、後々にとって仕事上の役にはからきし役に立たなかったけれども、趣味で楽器を弾くのには役に立っている。 一…

久しぶりに舞城を読んだ

舞城王太郎はかなり好きな作家で、昔からよく読んでいたが、ここ5,6年、全然読んでなく、この前、図書館をぶらついていたら急に目にとまりキミトピアを借りてきた。 好き好き大好き超愛してる。が代表作だと思うが、これはついて行けなかった。熊の場所と…

人はなぜ夢を見るのか?

人はなぜ夢を見るか。海馬が記憶を定着させる課程で大脳新皮質が……、などという回答は、人はなぜ生きるのか、という問いに、心臓が動いているから、という空しい回答と同じだ。なぜ食事をするか? 栄養を取るためというのは空しい回答だ。食事は喜びである。…

酒で晴らした憂さは、後から倍返し? はわたしだけか?

お題「これって私だけ?」 酒は憂さ晴らしにいいかもしれないが、その分後からつけが回るような気がする。 というのも、ここ数日晩酌をしてなかったら、なんとなく気分が晴れやかになった。日常の苦悩が減ったわけではない。問題は相変わらず山積している。 …

カラオケハラスメント 強いる文化について

今週のお題「カラオケの十八番」 カラオケの18番。何ともグロテスクなお題である。 このブログで書いたか覚えていないが、わたしはカラオケが大嫌いである。そして、カラオケが理解不能である。自分が歌うのも論外。他人の歌を聴くのも勘弁である。 歌が始ま…

ブルーマウンテンNo1を飲んだが。

近所のコーヒー豆屋に、「大特価! ブルーマウンテンNo1 100g=1,300円!」 と売られていた。 安いと言えば安い。 たまには飲んでみるかと、買ってみたが、大特価には大特価分けがあるわけで、古い豆のようで蒸らしても一切膨らまない。 味も酸味だけがやけ…

昨日の補足「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」

わたしは現代人の悩みの一つに「閉塞感」というものがあると思っている。内山はそれを「充足感のなさ」と表現する。「閉塞感」と「充足感のなさ」は厳密には違うかもしれないが、多くに部分で共通した感覚ではないだろうか。内山は充実感のなさの原因を発達…

「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」を読んだ。

お題「読書感想文」 ふざけたタイトルであるが、中身は歴史哲学的な内容である。 1965年前後まで、キツネにだまされた、という話は日本全国でありふれていた。キツネだけではなく、タヌキ、ムジナ、などにも人々は騙されていた。それが、1965年前後を境に、…

めっちゃ面白い夢を見たはずなのに……っ!

お題「最近見た夢」 一昨日くらいに見た夢が異様に面白かった。 ミステリー仕掛けになっている上に、ループ物になっていて、壁に掛かった不気味なお面と地震が、様々な記憶を引き起こしていくのだ。 記憶はないのだけれども、なにかの表紙にループだと気づく…

つらさが世界を美しく見せるのだろうか

人生がきわめて悩み多く、不可思議で苦しいものであるのは、心や精神が脆弱だからであろうか、それとも、世界そのものが、悩みをもたらすものを内包した存在だからだろうか。 だが、人生は喜びも多く、それは心が楽観的だからだろうか、それとも、世界は喜び…

西洋をモノサシにしていた時代 

川端康成氏を囲んで 三島由紀夫 伊藤整1|3 川端について調べていたら、三島由紀夫、伊藤整との対談動画を発見した。ノーベル賞を受賞して数日後とのことだ。 この座談会で印象に残ったのは、日本語や東洋であるということをことさら意識していると言うこと…

仏界入りやすく、魔界入りがたし

人生は日々終わりに近づいているというのに、こんな時間まで酒を飲んで仕事をしているような気になっているが、やっていることは数年前と同じ。 こんな日々を過ごしていると、アメリカ人がトランプ大統領を求める気持ちも何となくわかる。 やはり、作品を書…

YOGA BOOK 買って二ヶ月 追加レビュー。

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp YOGA BOOKを買って二ヶ月ほど経ったので追加レビューをしてみたいと思う。 まず、この製品の売りであるリアルペンを使うことはない。わたしにとって手書きの物をPCに保存する必要は今のところ生じていない。 レノボ製品は電…

珈琲のいれかた動画 

公式映像 2015年ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ優勝 高橋バリスタ 最近、珈琲のいれかた動画をよく観る。 人によって、こうまでいれかたに違いがあるのかと驚くばかりである。 たとえば、2015年のチャンピオンは抽出するときの温度を一定にするた…

今週のお題「何して遊んだ?」 わたしの時代は自転車だ

今週のお題「何して遊んだ?」 わたしが子供のころ、もっとも遊んだことは自転車である。わたしだけでなく、周りの子供たちも自転車を乗り回していた。すこしでも遠く、知らないところまで、自転車で行くのが一番の楽しみであった。 子供は乗り物に憧れる。…

親の小言と冷や酒は後で効く

親の小言と冷や酒は後で効く、という諺? 格言? がある。たしかに、両方ともその通りで、冷や酒も親の小言も、後になってその威力を思い知る。ただし、これはどちらの場合に使うのだろうか? 馬鹿と煙は高いところが好き、という格言は、高いところに上って…