Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

15 ダンディズム

red wing 875 アイリッシュセッター ビンテージ オールソール

875 アイリッシュセッターの中古を3980円で買ったというのは過去の記事を見てもらいたい。 ジーパンで出かけるときは、ほぼ確実に履いていた。 やっぱり定番は安定である。ジーパンに875を合わせれば形になるのだ。 サラリーマンの背広姿と同じで、ジーパン…

着物はおすすめだ。安いし。

正月は着物を着てうろうろしていた。 着物を着ると背筋が伸びる、という言説を聞くが、それはおそらく、普段着物を着慣れておらぬ上に、いきなり紋付き袴でハレの舞台に上がったかなにかであり、背筋と着物はおおよそ関係のないものと思われる。 というより…

ついにスーツのページを完成させた!

スーツは斯く着るべしというHPを作っている。 スーツは斯く着るべし 一週間ほど前のお題、「今年中にやっておきたいこと」で、わたしはスーツの項を書き上げたい! と宣言。止まっていた執筆を再開して、ついに、先ほどアップし終えた。 wixは公開すると、画…

着物のクリースライン

トラウザーズにクリースラインを付けなければならないのは常識である。プリーツ(タック)がある場合、もっとも内側のプリーツからクリースラインは伸びる。袴の襞もあるいみクリースラインのような物で、襞が落ちてしまっているようではいけない。 creaseは折…

結ぶ 背面の美

最近着物を着ている。 オフハウスでも売ってるが、こんなサイトを見つけたので、思わず注文してしまった。 www.net-shinei.co.jp 繁忙期らしく、注文して一週間、やっと発送の連絡が来た。 結ぶ、とは、もともと「むす」から来ている言葉だという。 はじめて…

トラウザーズの折り返しは、糸で留めるべきか、スナップで留めるべきか

松屋で作ったフランネルのダブルはいい。明るい紺でわたし好みの色だ。ダブルで黒蝶貝のボタンをつけたので、かなり派手である。黒蝶貝は黒と言うよりも茶色が強く紺とよく合う。明るい背広なので、タイとシャツを間違えるとホストかチンピラのようにもなっ…

今日一日越中フンドシで過ごしている

着物を買ったと前に書いた。 着物と言えばフンドシでしょ、ということで、フンドシを買おうかなと思ったけど、あれなら簡単に作れるな、思っていた。 先日、ホームセンターに行ったら、晒が売っていたので買って作ってしまった。 晒は安い。1m=110円だっ…

875のために中敷きを買ってみた。百均だがな。しかし、色が……。

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp ↑ レッドウィング875 アイリッシュセッターについてはこちらを参照。 さて、中敷きを入れると歩きやすい、という噂を聞いた。しかし、レッドウィング純正の中敷きは高いので百均で買ってきた。 後ろにメモリが描いてあり、ち…

先日、コウルの前を通った

出張で神戸に行った。 神戸は横浜同様お洒落な街で、特に服飾関係は充実している。神戸と言えばCOLである。我が敬愛する落合先生のご著書にもたびたび登場する。 神戸市内のホテルに泊まったので、ひょっとしてコウルあるかなぁ、とGoogleマップで調べたら、…

セルビッチとチェーンステッチ

この赤い糸がセルビッチ。リーバイスが自社製品の目印にと赤い色で縫ったのが始まりとのこと。 金色の糸で縫われている裾の部分がチェーンステッチ。チェーンステッチで縫うといい感じで色落ちするらしい。 たかがジーパンだが、いろいろ奥が深い。一週間ほ…

STF(シュリンク・トゥ・フィット) リーヴァイス501 LVC 55年モデル

前回の記事はこちら。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp このジーンズはリジッドというもので、糊を落とさなければならない。糊を落とすと生地が縮み、体にフィットするのだ。普通のジーンズは防縮加工が施されているのでこの手間は不要である。しかし、この…

15年ぶりにジーンズを買った。7,450円のつもりが……

レッドウィングの875を気に入って履いている。それに合うジーンズが欲しかった。わたしは過去に数着ジーンズを所有していたが、数年前、着ない衣類を整理した際に、全て売り払ってしまい、以来、ジーンズは一着も所有していなかった。 875を履くようになり、…

マニフェスト表紙。党首の写真分析。本当の枝野の姿は!?

見づらいので公式HPから。 まずは枝野さん。ネクタイは青地にピンドット。シャツはストライプでボタンダウン。カフスは大丸だと思われる。 スーツは紺無地。かなり明るく見える。青に近い紺だ。袖のボタンは四つボタンキッシング。 で、枝野さんはこんな明る…

red wing 875 アイリッシュセッター ビンテージ 清掃 最終章 油入れ

わたしが所有している革用のメンテナンスオイルはモゥブレィとラナパーである。どっちを塗ろうか迷って、小さい範囲でパッチテストをしてみた。その結果、モゥブレィのほうがさらさらしていて、塗った気になった。ラナパーはベトベトしていて、すぐ汚れてし…

「銀座の男」市 2017.10.3初日の開場時間前から並んでみた

開場16時から。10分ほど前に着いた。驚いた。エレベーターから降りたら、永遠と人の列だ。最後尾の看板を持った係員は、レストラン街のずっと奥にいた。200人、300人くらい並んでいたのではないか? 会場が見えない。こんな奥から並んでいた。そして、わたし…

red wing 875 アイリッシュセッター ビンテージ 清掃 その3 ジャブ漬け

数日前、ビンテージレッドウィング875を買ってジャブ漬け洗いをした。 それを、約3日間乾かして、油を入れて履いた。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp red wing 875 アイリッシュセッター ビンテージ 清掃 その1 - Yoshinori Hoshi Official blog red wing…

ガリポリ・カミチェリアのシャツを買った

aratoshi.hatenablog.com この商品を知ったのはaratoshiさんがわたしのブログを取り上げてくれて、そこで紹介されていたからだ。こういう情報を得られるのはブログの醍醐味である。 わたしは7オムニしか見ていなかったのでこれが発見できなかった。SEIBUから…

レッドウィング アイリッシュセッターを3,980円で手に入れた

わたしはティンバーランドのブーツをかれこれ5年ほど履いている。アッパーは丁寧に扱っているのであるが、ついにソールがはがれてきた。ティンバーランドはセメント式である。直そうと思えば直せないことはない。しかし、1万円で買えるものを、1万円近くかけ…

ネクタイの長さについて

スーツは斯く着るべしはゆっくりではあるが書きためている。次はスーツの項を載せるか靴を載せるか迷っていて、でも、まだどっちもまとまらないのであるが。 その他の部分をちまちま書き直したり、書き加えたりもしていて、ネクタイの長さを書くのを忘れてい…

新宿のSHIPSやらBEAMSやら伊勢丹やらコメ兵に行った。

時間が空いたので新宿セレクトショップ巡り? をしてきた。特に買いたいものなどないのでブラブラしただけだ。地図を作ってみた。出発は中央東口。 まずはSHIPS 奥の方にスーツがある。フレアの角度が浅いものなど、今期のスーツがあった。最近は伸縮素材が…

7オムニのワイシャツをまた買ってしまった。

クレリックとカッタウェイ。 どっちも綿100% クレリックとカッタウェイ、どっちを買おうか迷って、カッタウェイに決めて籠に入れると、もう一つ買うと20%offとのこと。クレリックも買ってしまった。 まだ水を入れていないので硬い。 というか、7オムニのシ…

某野党の代表選でもう一つ気になったこと。前原はレップタイ。

もちろん考えすぎであろうが、民進党の代表に選ばれた前原はどうしてレップタイを絞めているのか。 あれだけ、「ヨーロッパ型共生社会、社会保障充実、ルクセンブルクは国民負担率95%!!」とか叫んでいるのだから、普通のレジメンタルを絞めれば良い。 そ…

半袖ジャケット 羽田孜 大平正芳

先日、羽田孜元首相がお亡くなりになった。ご冥福を申し上げる。 さて、羽田さんと言えば、変な格好を連想する。その代表がマオカラーと半袖ジャケットである。マオカラーの方は置いといて、半袖ジャケットは実に妙なジャケットである。 大平首相も半袖ジャ…

雑誌の効能と発行部数と広告費

インターネットがなかったその昔、趣味などに関する情報の取得は主に雑誌からであった。ネットの普及で書籍の販売部数が落ち込んだというのは周知のことだろう。 今世紀の雑誌販売動向をグラフ化してみる(「出版月報」編)(2014年)(最新) - ガベージニュース …

ユニクロ チノ ショートパンツ メンズ 新旧比較

脱ユニクロを主張するわたしがリピートするほど気に入っているのがチノ・ショートパンツである。定価は1,990円。もちろん1,290円でゲットしてきた。 基本的に部屋着として用いているものの、そのまま出かけることもできる。ポロシャツなどを合わせるとなかな…

土屋鞄の革見本

生地見本は頼むべし、というのがわたしの流儀である。特にネット注文は、生地見本を見ずに頼むのはメクラ撃ちであり自殺行為であり、ちっともファッショナブルではない。 この前suit-yaの生地見本を頼んで実際にオーダーした。届くのが楽しみである。 さて、…

バーウィックのヒールを交換した

ホーキンスのスペインライン。バーウィックが作っている。この靴はソールがラバーなので、歩く時とかはいつもこれを履いていた。一年三ヶ月で、踵が結構すり減った。 こんな感じ。 近所に靴のリペアをやっているところがあったので、見せたら交換した方がい…

JAPANESE DANDY  ジャパニーズ ダンディ 

JAPANESE DANDY ジャパニーズダンディー 作者: 河合正人,大川直人 出版社/メーカー: 万来舎 発売日: 2015/01/15 メディア: 大型本 この商品を含むブログ (1件) を見る テーラードスタイルに興味がある人には面白いのではなかろうか。日本の洒落者が一冊に収…

学生のスーツとその着こなし

スーツは斯く着るべしというサイトを作っている。シャツで止まってしまっているが、現在タイを執筆中である。だが、これがなかなか捗らない。 で、このブログで書いているような、独善的なダンディズムに対する試論を載せながら、平行してタイや靴といった具…

靴底がまた黴びた。

前にも言ったかもだが、靴底がまた黴びた。一回黴びたから綺麗にしたのに、みたらまた黴びていた。つま先がかなりすり減ってきたので、ゴムでも貼ろうかと思ってたのに、カビ菌の上に貼って果たして大丈夫なものか、心配である。 いっそのことオールソールに…