読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

10 映画

正解するカドの第6.5話は……

ななんと前半部分の総集編であった。 かなり楽しみに一週間待ったのに拍子抜けである。6回しか放送してないものを総集編にするか普通? たぶん、7話が間に合わなかったのだろう。多分ではなく、絶対に間に合わなくて6.5話なる意味不明なものを作ったのだ。そ…

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストを観た

パガニーニはイタリアのヴァイオリニストだ。パガニーニの一番協奏曲は大のお気に入りだった。全楽章美しい。 1楽章の長い前奏は最高である。わくわくさせられる。なのに、多くのCDでは前奏は見窄らしい形にカットされている。商業主義による音楽への侵略で…

正解するカドを観ている

正解するカド Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版) 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2017/07/26 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る 放映中のアニメである。現在7話まで放映されている。わたしはプライムで観ている。プライムは0…

楽園追放を観た

ネタバレ注意。以下あらすじ。 地球人は進化して、宇宙のデータベースで電脳化して暮らす人と、地球に取り残された人々に別れている。 ある日、宇宙のデータベースが地球からハッキングされる。データベースに暮らす捜査官のアンジェラ(美少女)が地球人の…

パプリカを観た

筒井康隆原作の映画である。他人と夢を共有でき、他人の夢に入り込む機械が盗まれる。その機械を使っているものの夢に入り込み、犯人を捜す、というあらすじ。 わたしは夢について色々な解釈をしてきたが、この映画に出てくる夢は、夢か現実、それが実に曖昧…

ミスター・ノーバディを観た

ミスター・ノーバディ [DVD] 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2011/11/04 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (18件) を見る 面白かったか、つまらなかったか、と問われれば、面白かったと答えよう。ただし、この作品は文学的…

アトランティスのこころ を観た

アトランティスのこころ 特別版 [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2011/11/02 メディア: DVD クリック: 1回 この商品を含むブログを見る スティーブン・キングの作品。原作を読んでいないのでわからないが、原作とは相当違うらしい…

帰ってきたヒトラー を観た

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD] 出版社/メーカー: ギャガ 発売日: 2016/12/23 メディア: DVD この商品を含むブログ (3件) を見る 帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1) 作者: ティムール・ヴェルメシュ,森内薫 出版社/メーカー: …

君の名は。を観た

映画を観て面白ければ元が取れた、とか、つまらなければ、金返せ、とか言うことがある。我々はついついコストパフォーマンスなどという低級な物差しを、芸術においてまで導入しがちである。本当にすばらしい作品とは金銭の多寡ではないということを、この映…

ナポレオン・ダイナマイトを観た

ナポレオン・ダイナマイト (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 史上最低な邦題として話題になった映画。もともとの邦題は「バス男」。電車男が流行っていた流れで付けたようだ。バスはほんの少ししか出てこない…

「エリザベス」を観た

エリザベス (字幕版) 発売日: 2014/03/15 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 面白いのだが、時代劇の感じがしないのである。エリザベスIは1533年生まれなので織田信長よりも1歳年上だ。 この映画、少々ふざけすぎているというか、間が抜け…

ジュラシックワールドを観た

恐竜がリアルである。ネタバレも何もない。ただ、恐竜が暴れて人々がパニックになるという話し。登場人物も、実に自分本位で素晴らしい。 いかに迫力があり、闘いが秀逸で、パニック度合いが強いかにこの手の映画の成否はかかっている。わたしはかなり楽しめ…

「ダビンチ・コード」を観た

壮大な話なんだが……。 以下ネタバレ注意 キリストの末裔の殺害を狙う団体と、末裔を守る団体の話。主人公の教授は著書のサイン会でパリにいったら、その争いに巻き込まれてしまう。 昔のRPGみたいで、Aに行くとBを示唆され、Bを解くとCが出てきて、みたいな…

「記憶探偵と鍵のかかった少女」を観た

実に野暮ったいタイトルである。原題は「Mindscape」である。このままで良かったのではないか? Mindは心。scapeは風景。原題のままのほうが余程すっきりしているし、映画の内容を反映していると思う。 最近の日本語タイトルは長い。「鑑定士と顔のない依頼…

キャスト・アウェイの魅力が何となくわかった

キャスト・アウェイ [Blu-ray] 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 発売日: 2012/08/10 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (7件) を見る 先日、キャスト・アウェイの感想を書いた。面白かったのだが、今思い返すと、な…

ユー・ガット・メールを観た 

ユー・ガット・メール (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 今、メールで出会い系などは廃れていると思うし、欲望むき出しの退廃的なイメージが強いので、綺麗なラブストーリーは作れないだろう。映画の設定は20…

ゲット・スマートを観た

アメリカの情報機関のコメディ。分析官だった男がエージェントとなり活躍するという話し。アン・ハサウェイつながりでで観た。アン・ハサウェイは腕利きエージェント役なので、プラダを着た悪魔とはイメージが完全に異なる。暇つぶしにはちょうどいい映画。…

プラダを着た悪魔を観た

メンズファッションではなく、レディースの世界であるが、ファッションのもつパワーが惜しげなく描かれている。ファッションのなんたるかがピンと来ないひとには是非とも観てもらいたい。 見所はアン・ハサウェイの変身ぶりである。アン・ハサウェイはもちろ…

Cast Awayを観た

キャスト・アウェイ Castaway とは漂流者という意味で、映画の内容そのままだ。ネタバレも何も、この映画は2時間ちょっとの尺で、始まって30分くらいで漂流し、その後、1時間以上無人島暮らしをするというもの。 火をおこしたり、水を確保したり、魚を捕った…

アルゴを見た

お題「最近見た映画」 アルゴ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 実話をベースに作った話だという。どこまでが実話なのかは知らないが、デルタフォースが来るから中止、とか、顔写真を張り合わせて間一髪で脱…

「ティファニーで朝食を」を見た

この時代の靴はまだかかとがラバーではなく、かかともレザーソールなのだというのがとても印象に残った。あれじゃ、かかとはすぐにすり減ってしまうだろうし、つるつる滑って大変じゃなかろうか? いつからかかとにレザーが付くようになったのだろう。ググっ…

ミッドナイト・イン・パリを観た

1920年代のパリに憧れたハリウッドの脚本家が、深夜0時の鐘の音と共に過去にタイムスリップするという映画。そこには、ゼルダやらヘミングウェイ、ダリ、ピカソ、などの著名人が現れる。しかし、その時代の人間に言わせると、その時代は退屈な時代で、過去…

エクス・マキナを観た

最近AIを題材にした映画は多い。ただ、この作品はAIを題材にしたというよりは、愛が真実か偽物かをテーマに扱っていると捉えた方が良い。もしAIがテーマなら、単にAIが暴走して脱出するだけの下らない作品だ。AIっぷりを期待して観ると拍子抜けする。先日観…

ボンドの靴はクロケット&ジョーンズでした。

昨日ボンドの靴について書いた。この靴の謎を朝から追っていた。 yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp 外羽根、ストレートチップ、ダイナイトソール、イギリス、これらをキーワードに目星を付けてエドワードグリーンとかジョンロブとかクロケット&ジョーンズを…

007 ジェームス・ボンドについて。

べつに毛嫌いをしていたわけではないが、この歳になるまで007を観たことがなかった。わたしの近所のTSUTAYAは貧弱な部類で、3年も通っているとめぼしい映画はほとんど観尽くしてしまった。たまたま007フェアをやっていて、そこで手に取ったのがカジノロワイ…

映画 鑑定士と顔のない依頼人を観た

60歳童貞の超有名鑑定士が若い女性に嵌められる話だ。 ジェフリー・ラッシュははまり役だ。この人の着こなしはクラシックでありスーツやネクタイの美しさを惜しみなく表現している。英国王のスピーチの時も感心したのを覚えている。 ちょっと依頼人の家の由…

スーツのパワーがよくわかる映画

お題「最近見た映画」 ニコラス・ケイジ主演の「天使のくれた時間」という映画を観た。ニコラス・ケイジはフェラーリを乗り回し超高級マンションに住むファンド会社の社長だ。衣装部屋も持っていて、美しいスーツやシャツを山のように所有している。彼は13年…

007のオメガの宣伝が予想より露骨だった件

プロダクトプレイスメント、という広告手法がある。映画やドラマのなかに商品を出して、「あの俳優が使ってる鞄は何!?」みたいな。 オメガは時計なので鞄や車ほど目立たない。だからだろうか、007のカジノロワイヤルでは以下のようなやりとりが出てくる。 …

her 世界でひとつの彼女を観た

人工知能との恋に落ちる映画。人工知能映画なのでSFの棚にあると思いきや、ラブストーリーの棚にあった。内容も、AIが問題になるというよりも、恋という感情を問題にしている作品であった。恋愛という人間の感情を浮き彫りにするために、マシーンという本来…

エネミーオブアメリカを観た

NSAが組織に都合の悪い議員を殺し、その現場を偶然渡り鳥調査のカメラに録画されるという間抜けな出来事が事件の発端だ。NSAはスパイ衛生などのハイテクを駆使するくせに、至る所で間抜けで、気違いに刃物という例えがちょうど良い。全然機械を使いこなせて…

英国王のスピーチを観た

英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2012/08/02 メディア: DVD 購入: 3人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (87件) を見る ジョージ6世とエドワード8世は洒落者という。彼らのコーディネートで…

サロゲートを観た

最近、SF映画は外れを引く率が低い。この作品も十分楽しめた。ただ、博士はサロゲートを破壊する機械を手に入れたにもかかわらず、なぜブルースに、機械を探すように言ったのか。言わない方がよっぽど簡単に望みを達成できたはずなのに。 あと、軍はなぜサロ…

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2014/06/03 メディア: DVD この商品を含むブログを見る のぼうの城は普通によかったと言うよりも、かなりよかったので、厳密に言うとお題に反する。そこでもう一つ。スティーブ・ジョ…

のぼうの城は本当によかった。今週のお題「ふつうに良かった映画」

今週のお題「ふつうに良かった映画」 のぼうの城 通常版 [DVD] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2013/05/02 メディア: DVD この商品を含むブログ (53件) を見る 最近観たので面白かったのは「のぼうの城」。野村萬斎の演技が秀逸である。本領発揮…

今週のお題は普通によかった映画、であるが、その前に、間違えて観てしまった映画。

「今日も僕は殺される」である。 今日も僕は殺される デラックス版 [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: 2008/11/21 メディア: DVD クリック: 1回 この商品を含むブログ (7件) を見る あらすじは以下の通り(yahoo映画からコピペ…

かぐや姫の物語 新作DVDを借りた

以前、誰かレンタルビデオ屋で新作を借りる奴いるのか? という投稿をした。自分は滅多に新作を借りることはないと言ったが、先日「かぐや姫の物語」を借りた。新作は風立ちぬ以来である。二回連続でジブリだ。 かぐや姫の物語 [DVD] 出版社/メーカー: ウォ…

101日という映画を見た。クロアチアの映画だ。

なんとクロアチアの映画である。自分はどこの国の映画かわからないで見ていた。ヨーロッパ先進国だろうと漠然と思っていたがクロアチアと聞いて驚いた。 自分の中でクロアチアは北朝鮮やシリアのようなイメージだったからだ。映画に出てくるクロアチアは実に…

映画「マイノリティ・リポート」を観た タイトルについての感想。

マイノリティ・リポートというタイトルはなかなか洒落たタイトルだ。だが、映画の内容とこのタイトルはほとんど関係がない。それが、映画を見終えて第一に思った感想なのだ。この映画は面白い。故に尚更だ。マイノリティ・リポートのあらすじはこうだ。未来…