Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新! 現在35日チャレンジ中! 火曜 文具  水曜 食い物  木曜 小説  金曜 映像 土曜 お題  日曜 政治社会  月曜 ダンディズムで更新!

09 文具 stationery

無印の雑記帳を買った

無印の雑記帳を買った。未ざらしと半ざらしがあって、わたしは未ざらしを買った。 阿呆みたいに安い。たしか49円だった。中華かって感じだ。 実際にかなり色は濃い。コーヒーフィルターくらい濃い。使えるのか心配したが、黒とかブルーブラックで書けば問題…

火曜=文具 モンブランミステリーブラック!

ミステリーブラックは浅田次郎が使っていると知ってからずっと使いたかったが、いかんせん黒インクが大量に余っているのに買うわけにもいかず、ようやく、何本か黒インクの底が見えてきたのでこの度晴れて入手した次第である。 うーん、ミステリー! ミッド…

火曜 文具 神楽坂 山田製 原稿用紙 満寿屋との比較

神楽坂の入り口に「のレン」という店があり、そこは和物のセレクトショップで、山田製の原稿用紙が売っている。 井上ひさしとか吉行とか川端康成も使っていたらしい。漱石もか。というか、そもそも原稿用紙は日本独特のものであるし、作っているメーカーも少…

だれも知らない万年筆

諸賢はこの万年筆を知っているだろうか。 見たことなくて当然で、改造されている。 漆が塗られている。 元はシェーファーのデルタグリップである。 クリップは三角形なので、デルタクリップではないかと思って調べたが、やはりグリップだった。 安物である。…

パイロット・カクノにセーラー・青墨を入れてみた

パッケージが古いのは気にしないで欲しい。 いま、とあるノートにとあることを書いているのであるが、そのノートが裏抜けしまくって、頭にきたので青墨を出してきた次第である。 青墨は色も気に入っているし、裏抜けしないし、水にも強いという、最高のイン…

金の斧、鉄の斧の話はなんかピンとこない。金ペンのエフィカシーについて。

昔話にケチを付けるほどバカらしい話はない。兎と亀だって、兎や亀が口を利くわけはない、と言ってしまえばそれまでの話だ。 ただ、金の斧と鉄の斧が気になったのは、最近万年筆に再び凝っていて、やっぱり金ペンはいいよなぁと思えばこそである。 キコリが…

火曜は文具 iroshizuku三色セットの小瓶 インクの色について

曜日ごとにテーマを決めて、5週間、35日チャレンジも今週で最後! ラストスパート。 ということで、火曜の文具はiroshizukuの小瓶について。 ここのところ146に霧雨を入れるのが好きで吸っていたのであるが、なんと、ついに吸えなくなってしまった。 がちょ…

火曜 文具 ペリカンM800、モンブラン146 プラチナ3776だったらなにがいいか。

もし、万年筆が欲しいがなにがいいかと聞かれたら、ペリカンM800か、モンブラン146かプラチナ3776センチュリーと答えるだろう。 もちろん、その他にも素晴らしい万年筆はいくらでもあるが、この三つはわたしが常に使っているものだからだ。 この三本の中で…

火曜の筆記具 ヘリオスを必死に直してみた

先々週の火曜から始まった、曜日ごとに決まったテーマで書くという35日チャレンジ。本日で3週目。折り返し地点だ。やっていて意外に楽しい、しかし、書きたいことがその日のテーマと違っていたりして煩悶することもある。 今日の万年筆ネタは早く発表したか…

今週のお題「わたしの手帳術」

今週のお題「わたしの手帳術」 手帳術と言うほどの術は持ち合わせていないが、手帳は必需品で常に携帯している。最近は予定をスマホに入れる人が多いが、わたしには合わなかった。手帳に書き込んだ方が早いし、確実のような気がする。 わたしが予定管理をし…

ヘリオスの万年筆がぶっ壊れた

火曜は文具。 ビンテージ万年筆が好きで何本か持っている。 中でもヘリオスの万年筆はお気に入りだった。美しいのだ。見る角度によってその表情を変え、探せば奥に宝石を見出す。おそらく、わたしが持っている万年筆でもっとも美しい。写真では伝わらないの…

欲しい万年筆 物欲でしょうか。いいえ、信仰。

とりあえず、パッと思い浮かぶのを書いていく。 モンブラン149 ペリカンM101N アウロラ オプティマ系 パーカー デュオフィールド センテニアル デルタ ドルチェビータ うーん、どれも外国のである。 日本のなら、パイロットURUSIとか、プラチナギャザード、…

パイロット カクノ

パイロットから廉価版万年筆としてカクノが発売されている。 わたしも二本持っている。しかし、全然使わないで中でインクが固まってしまっていた。 久しぶりに徹底洗浄してみた。 この万年筆。バランスが秀逸でペン先も素晴らしい。 ペン先はデスクペンと同…

満寿屋VS伊東屋 原稿用紙

満寿屋の原稿用紙を買おうと思って伊東屋に行った。 わたしはK3が欲しかった。 あー、これこれ、とよく見もせずに買って帰って、書いていて気がついた。 左下、なんか伊東屋って書いてあるぞ。 そうなのだ。これ、実は満寿屋のK3ではなく、伊東屋オリジナ…

シャーボなかなかいいぞ

新宿行った時に撮った写真。キャプテンアメリカの展示。upしようと思って忘れてた。 キャプテンアメリカのシャーボを買ったわけで、しばらく使っているが使い心地は悪くない。ダイキャスト製なので安っぽくもないし安定感もある。これはオススメのマルチペン…

マーベル シャーボX キャプテンアメリカ その3

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp もう使い始めて2週間経つであろうか。 非常に書きやすいペンである。バランスとかもよく計算されている。 小説も数ページ書いてみたが疲れない。ただ4Cリフィルは容量が少ないので、大量に使うのはちょっと考えた方がいい…

マーベル シャーボX キャプテンアメリカ その2

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp その1の続き。 しかし、エマルジョンのとくに赤が致命的で、インクの出が悪い。わたしの個体だけだろうか。黒も決していいとは言えないので、リフィルは普通の油性に変えた方がいいかな。迷う。 付属のエマルジョン芯。 シ…

マーベル シャーボX キャプテンアメリカ その1

ゼブラ 多機能ペン マーベル シャーボX MV6 限定色 キャプテンアメリカ SB33-CA 出版社/メーカー: ZEBRA(ゼブラ) 発売日: 2018/02/08 メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る パーカーエグゼクティブをなくして新しいマルチペンとして購入したの…

ストームトルーパーとC-3PO 筋トレも続いている。

30日チャレンジ筋トレ。 みごと30日をクリアーして、二ヶ月目に突入。 二ヶ月目の一週間もクリアー!筋肉むきむきになってきたぜ。うそ。 さて、ストームトルーパーとC-3POである。 この二本は1万円以下で買えた。定価税込み16,200円なので、実は全部定価以…

R2-D2とベイダー卿

まずはR2-D2。実に上手くデザインされている。スターウォーズコレクションは部分をそれぞれ作っている。マーベルシリーズなどでは通常ラインのを使い回しているが。 ダース・ベイダー。 「シュハー、シュハー」という息づかいが聞こえてきそうではないか。 …

シャーボX スターウォーズシリーズ コンプリート! おまけにキャプテンアメリカ

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp↑の続き。 最も使うペンはなにかと聞かれれば、マルチペン(多機能ペン)である。黒、赤、青のコンビネーションは完璧だ。パーカーエグゼクティブは一つ欠点があって、シャープ機能が絶望的にボロく、中でシャー芯がすぐに折れ…

パーカーエグゼクティブデータをなくした。

先日、ある慌ただしい出来事があり、その中で誰かが「書くもの、書くもの!」というから、わたしは胸ポケットに挿していたパーカーエグゼクティブデータを渡した。ああでもない、こうでもない、と怒濤のように時間が過ぎ去り、家に帰って気がつくとパーカー…

モンテベルデ クワドロ 4in1 マルチペンについて

万年筆も素晴らしいし、ビンテージペンシルもいい。高級ボールペンも実用的だ。 しかし、わたしの経験上、最も使う筆記具はこれである。 パーカー Executive Quattro 4 in 1 ボールペン S0774090【並行輸入品】 出版社/メーカー: パーカー メディア: この商…

YOGA BOOK 買って二ヶ月 追加レビュー。

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp YOGA BOOKを買って二ヶ月ほど経ったので追加レビューをしてみたいと思う。 まず、この製品の売りであるリアルペンを使うことはない。わたしにとって手書きの物をPCに保存する必要は今のところ生じていない。 レノボ製品は電…

新装開店した銀座伊東屋に行ってきた

伊東屋の新築ビルに行ってきた。文房具屋の野暮ったさは完全に消え去り、新築の臭いと、一体なんの店なのかピンとこない雰囲気の中、上へ上へと上がっていく。 細長いビルなので、奥行きがかなりある。だが、売場は全力で商品を並べることをせずに、相当のゆ…

青墨の耐水性は素晴らしい!

青墨、例の耐水性を試した。かなり感動ものだ。他のインクが露骨に流れたのに対し、青墨はいっさい流れなかった。うすくもならない。葉書は絶対青墨がいい。万年筆で書く葉書は、郵便屋が雨の日に配ると必ず滲んで流れる。エルバンのエンパイアグリーンもな…

セーラー ナノインク 青墨 その1

GW。同居人があまりに好き勝手にいろいろ買いあさっていたので、余も前々から欲しいと思っていたインクを一瓶買ってしまった。 そのインクこそセーラー青墨。万年筆の欠点は染料系のインクなので水に弱いと言うこと。切手を貼るとき、切手の水などがつくと一…

モンブランは4810 プラチナは3776 車のナンバーに3776ってどうよ

モンブランはペン先に4810と刻印している。モンブランの標高である。モンブラン社が西ヨーロッパ最高峰の山の名前を社名とし、それにちなんでペン先に4810と刻印したかどうか分からない。日本のプラチナ社がモンブランを真似てペン先に3776と刻印しているの…

どうして万年筆にほいほい金を出せるかちょっと思いあたること

昨日万年筆の金銭感覚に関する記事を書いていて一つ気づいたことがある。万年筆、とくにビンテージ品は値崩れしないと言うことだ。正に書画骨董のたぐいである。だから、ほいほいと金を使えるのかも知れない。一方机は一度使ってしまえば、ゴミに出すのも金…

万年筆の金銭感覚はやっぱりおかしいのか

今、万年筆と新しい机が欲しい。机は必要性に迫られてだが、万年筆は気分的に記念的に欲しいだけ。なくても全く困らない。万年筆とは不思 議なもので、必要性によって欲しくなるものではない。なんとなく、それを手に入れることによって必要性とか実用性とか…