Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

02 小説作品

ジニのパズル を読んだ

ジニのパズル 作者: 崔実 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/07/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (15件) を見る 最初は前衛小説の匂いがして、これは最後まで読むのはちょっとつらいかな、などと考えていたが、いきなり朝鮮学校の話になって、…

神坐す山の物語 を読んだ

神坐す山の物語 (双葉文庫) 作者: 浅田次郎 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2017/12/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る かみいますやまのものがたり、と読む。浅田作品は大好きだが、この作品はタイトルもいまいちだし、書き出しもぱっ…

道化師の蝶 を読んだ

道化師の蝶 (講談社文庫) 作者: 円城塔 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/01/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 難解な作品である。芥川賞である。円上氏の作品はこういう作風のものが多いらしい。ただ、難解な割に読み進めてしまう…

蜩ノ記 を読んだ

蜩ノ記 (祥伝社文庫) 作者: 葉室麟 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2013/11/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (21件) を見る ネタバレ注意 家譜を編纂するに従い、お家の秘密と、戸田(家譜編纂係)が陥れられたからくりがわかるというミステリー仕…

ソラリス を読んだ。

ソラリス (ハヤカワ文庫SF) 作者: スタニスワフ・レム,岩郷重力,沼野充義 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/04/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (14件) を見る ネタバレあり 地球外生命体との接触の話である。ただし、結局その地球外生命体…

海原の用心棒 を読んだ

以下ネタバレ 短編集に入っているが、中編近くある長さ。おそらく人類滅亡後の世界でAIが操縦する潜水艦同士の戦いを鯨の視点で描いた作品。秋山氏の筆力はすごいの一言に尽きる。鯨社会がリアリティをもって迫ってくる。最初しばらくは、鯨の視点だという…

SFマガジン700【国内篇】 (創刊700号記念アンソロジー)を読んでいる

SFマガジン700【国内篇】 (創刊700号記念アンソロジー) 作者: 大森望 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/05/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (13件) を見る 手塚のマンガなども収録されている。 今のところ読んだのは 円城塔 “Four Seasons 3.…

ハーラン・エリスン 「クロウトウン」

ハーラン・エリスンのクロウトウンを読んだ。 ヒトラーの描いた薔薇で頭にハテナマークが浮かび上がりまくったので、「地下に広がる神話的迷宮世界を描いた傑作『クロウトウン』by解説」を読んでみたくなったのだ。 なんとなくハーラン・エリスンの魅力が分…

「ヒトラーの描いた薔薇」の意味がまったくわからない

ハーラン・エリスンのヒトラーの描いた薔薇を読んだ。短編集の表題作にもなっている。 ただこの作品、ヒトラーは脇役というか、端役というか、友情出演というか、庵野監督がバスの運転手でシンゴジラに出演しているような、そんな扱い。話の筋とはまったく関…

時代を先取りしてやったぜ(キラッ) 自殺幇助だがな。

座間市で白石隆浩容疑者が九人殺したのがニュースになっている。 単なる殺人か、それとも、嘱託殺人かはよくわからない。 #自殺募集 をツイッターで検索すると、ものすごい数の自殺希望者が出てくる。半分以上は本気ではないだろうが、中には本当に死にたが…

拙著新作! かぐや姫を好きになったら 発売開始!

ついについに、拙著新作、「かぐや姫を好きになったら」発売されました! コピーをもう一度紹介。 援助交際をしているようだったり、跳び蹴りをくらわせてくれたりするけれども、僕は彼女のことが好きだった。褐色の妹とは気が合った。二人乗りの自転車を限…

拙著新作! 「かぐや姫を好きになったら」 近日発売!

ダンディズムや時計や人工知能や、そんなことばっかりブログに書いてるので、わたしが小説を書いているというのを知らない方も多いと思う。 だが、ついに、久しぶりに! 新作を発表する! いつもお世話になっている「いるかネットブックス」さんより発売予定…

死に神の死に頃 ~初夏と秋と夏~ パピレスで発売!

最近パピレスは昔日ほどの隆盛を誇っているわけではないらしい。koboとKindleに押されているとのこと。それでも、自分としては最初に公に販売されたのがパピレスなので思い入れのあるサイトである。パピレスは順位が発表される。売れるとピョンと順位が上が…

死に神の死に頃 ~初夏と秋と夏~ 販売開始!

なぜか昨日の記事がうちのノートPCで表示されず焦った。デスクトップとiphoneではちゃんと表示されていた。百日更新が途絶えたと思われた方もいるかも知れないが大丈夫。さて、そろそろ新作が発売されるころだ。いつもはパピレスが一番早いので、パピレスで…

拙著新作、「死に神の死に頃 〜春と冬〜」発売!

おじいちゃんがぐんぐん坂を登る光景に目を奪われ、 自身の新作が発売されたのを見落としていた……。 先週発売されていたっ! 拙著新作、「死に神の死に頃 〜春と冬〜」がいるかネットブックス様より発売されました。 過去のブログをみたら、6月28日に入稿し…

ペンタゴンの地下見取り図 パピレスより発売されました。

あらすじだけ見ると、鬱っぽい話に見えますが、自分ではおもしろおかしく書いたつもりです。重い話を軽いタッチで書いたというか。楽しんでいただけたら幸いです。サンプルもありますのでご覧下さい。 ペンタゴンの地下見取図 - 電子書店パピレス あらすじ転…

幼なじみに弔鐘を いるかネットブックスより 発売中

幼なじみに弔鐘を 星香典 海上にせり出した植民都市エルアゴ。 奴隷の姉弟、キナとセクーには、支配民族の幼馴染みアロウがいた。 姉は密かな想いをよせ、弟は兄と慕い憧れを抱いていた。 六年ぶりにアロウがエルアゴに戻ると、支配民族は虚しく奢り、 奴隷…