Yoshinori Hoshi Official blog

小説家 星香典(ほしよしのり)のブログです。映画、ファッション(メンズフォーマル)、政治、人間関係など、思うところをほぼ毎日更新してます。

高齢化率、日本の平均気温の推移。老人情報。

昔は年寄りにこまめに水を飲めとか、そういう情報はなかった。昔は涼しかったのだろうか? という話をしていたが、多分涼しかっただろうし、そんな情報が行き渡るほど年寄りがいなかったのでは、と思った。
 
調べてみると、やっぱりそんな感じだった。平成27年国勢調査で高齢化率(65歳以上人口割合)は26.7%だった。四人に一人が65歳以上ということだ。
では、20年前はというと14.6%。40年前は7.9%でしかない。圧倒的に65歳以上は増えている。
 
日本の平均気温も低かった。
月別データでも8月9月は昔の方が涼しいのは明らかである。
涼しい上に老人が少ないのだから、こまめに補給しましょうとか、そんな情報が行き渡らないのは頷けるものである。

JAPANESE DANDY  ジャパニーズ ダンディ 

 
JAPANESE DANDY ジャパニーズダンディー

JAPANESE DANDY ジャパニーズダンディー

 

 

テーラードスタイルに興味がある人には面白いのではなかろうか。日本の洒落者が一冊に収まっている。有名人が多く、巻末に名前と職業が載っている。ただし、例えば松屋のバイヤーの宮崎さんは「会社員」と記されてたり、サンモトヤマの茂登山長市郎氏は会社顧問だったり、一見しただけでは分からない。
 
その人物の肩書きなど本書では関係ないと言うことだろう。実際関係ない。その写真に収められた人間がダンディであるかどうか、その一点がすべてなのだ。それ以外は必要ないのだ。本当は巻末の名前さえいらなかったかも知れない。
 
コーディネートで新しい発見をするというのもありかも知れないが、同時代を生きる日本人がダンディズムをどのように表現しているか、その直感こそが本書の醍醐味だ。
 
高くて売れなかったらしく、モノクロ版が安価で出た。しかし、色使いも重要な要素だと思うので、モノクロで果たしてどのくらい伝わるのだろうか。わたしは図書館で借りてきたが手元に置いときたい一冊。マーケットプレイスで安売りされたら買うつもりだ。
 
この企画に連動して、インタビューが撮られている。YOUTUBEに上がっている。残念な再生回数だ。これは永久保存版だと思う。多くの人が観た方がいいと思う。騙されたと思って是非観て欲しい。
 

www.youtube.com

 

 

JAPANESE DANDY MONOCHROME ジャパニーズダンディーモノクローム

JAPANESE DANDY MONOCHROME ジャパニーズダンディーモノクローム

 

 

J.エドガー を観た

 

 

デカプリオが出てる映画ばかり観ているような気がするこの頃である。

 

この作品はとくに服飾については対して興味はなく、FBIを作ったというエドガーについて観たかったのだ。

 

だが、結果的にスーツばかりに目が行く嵌めに。

 

デカプリオのために用意されたスーツは80着だという。

Movies: Dapper gents rule in 'J. Edgar,' 'The Artist' and other films - latimes

エドガーが20代から70代まで様々な着こなしで現れる。最初の若い頃は紡毛のスーツ。それから、ダブルのスーツを着るようになり、最後はシングルの上質なスーツを着る。生地の光沢具合が半端ない。

襟の形も見物で、その時代ごとの襟をしている。

 

本作品は老年のエドガーの回想なので、現在と過去が頻繁に入れ替わる。だからこそ、その時代のスーツスタイルの比較がわかりやすい。

 

まだ30代だろうエドガーはJulius Garfinckelでスーツを作る。この紳士服屋をよく観察すると、シャツのオーダー見本であろう、襟がずらりと並んでいる箇所がある。その襟が、どれもナロースプレッドカラーばかりなのである。この時代のアメリカはそうだったのであろうか。

 

あと、ネクタイがやたら派手なのばかり置いてあるのは、映像映えさせるためだろうか。帽子や杖も売られている。このカットはいろいろ興味深く、魅入ってしまった。

 

f:id:yoshinori-hoshi:20170722165537p:plain

ポモドーロ・テクニックを使ってみた

iPhoneのタイマーでもいいのであるが、百均にいったらキッチンタイマーが売っていたので買って本格的にやろうかと思った。

 

デスクでやる雑用が立て込んでいたので、さっそくポモドーロ・テクニックである。

 

ポモドーロ・テクニックとはテクニックというほど難しいことはなく、25分集中して5分休憩するというのを繰り返すだけ。

 

詳しくはこちら

yoshinori-hoshi.hatenadiary.jp

 

で、やってみて思ったのは、この5分休憩というのは大事だなと言うこと。5分休憩することによって25分集中しなければならないという義務が生まれる。これを25分以上だらだらやると、休み時間もだらだらになってしまう。

 

タイマーをどうせ買うなら2個買った方がいい。25分と5分を切り替えるのは面倒くさいので、わたしはキッチンタイマーを25分にセットして、iPhoneを5分にセットして使っていた。

 

だが、iPhoneを手元に置いておくのはおすすめできない。できれば電源を切ってどっかにうっちゃっといたほうがいい。電話がかかってきたり、メールがきたり、仕事の邪魔である。近頃の人類の生産性が上がらないのはスマホのせいではなかろうか?

 

 

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門

 

 

 

タニタ でか見えタイマー100分 ホワイト TD-384-WH

タニタ でか見えタイマー100分 ホワイト TD-384-WH

 

 

学生のスーツとその着こなし

スーツは斯く着るべしというサイトを作っている。シャツで止まってしまっているが、現在タイを執筆中である。だが、これがなかなか捗らない。

 

で、このブログで書いているような、独善的なダンディズムに対する試論を載せながら、平行してタイや靴といった具体論を載せようと思う。

 

第一弾は「学生のスーツとその着こなし」である。彼らの着こなしはユニークで参考にはならないが面白い。

 

以下、スーツは斯く着るべしからの転載である。

 

 学生のスーツとその着こなし
 
 学生は示し合わせたように紺のダークスーツを着ている。控えめなストライプもいれば、無地の濃紺もいる。ネクタイはストライプ。ドレスシャツは白。靴はストレートチップ。就活がまだの学生も、就活に使えるものを選んだという。
 
 そのスーツどこで買った? と聞くと、量販店やデパートがほとんどである。おそらくは、ネクタイも靴もその時合わせて選んだのだろう。というよりも、就活に使えるもの、と店員に伝えて、選んでもらったものだろう。ネクタイも一本しか持っていないようで、いつも同じのを絞めている。オーバーサイズのものが多いが、アイテムは間違えていない。繰り返す。アイテムは間違えていないのだ。
 
 そんな最近の学生に、「君はどう成長したい?」と聞けば、少なく見積もっても十人中八人は「コミュ力をアップしたいです」と返ってくる。コミュ力は就活に必要なのだそうだ。
 
 コミュ力とはコミュニケーション能力の略称で、社交性に似てはいるが少し違う。社交はエレガントなニュアンスがあるが、コミュ力は野暮である。社交は自分が立派な人間であることを示すことが主であり、相手がどう思うかは副次的なものに過ぎない。コミュ力は逆で、相手がどう思うかに重きが置かれている。だから、会話も内容より表面の美しさが重要で、質問も疑問に思った点を質問をするのではなく、相手が喜ぶ質問をしなくてはならない。
 
 わたしとしては学生を経営者等と会わせたとき、もっと本質的な会話や議論をしてもらいたいのだが、出てくるレポートはこんな感じだ。
 
反省点:会話の最中に沈黙が生まれてしまった。笑うべきタイミングで上手に笑えなかった。質問をして困らせてしまった。あまり喜ばせることが出来なかった。敬語の使い方を勉強する。空気を読めるようにする。
 
 会話の最中に沈黙が生まれるのは悪いことではない。笑うべきタイミングなどない。面白ければ笑えばいいのである。質問をして相手が困ろうともそれは相手の問題でありこちらには関係ない。敬語の使い方は確かに勉強した方がいいかもしれない。
 
「そんな阿諛追従のようなことをしてどうすんの?」
「いえいえ、重要なことですから」
「どうせバレるぜ」
「大丈夫です。上手くやります」
 
 わたしはまともに就活をしたことがないので、学生の就活にかける熱意がわからない。
 
 正直、コミュ力が高い学生の方が手に余る。調子だけよく、真意が読めないからだ。学生や新入社員に一番求められているのは謹厳実直と根性で、詐欺会社でもない限り、コミュ力などは二の次だろう。
 
 さて、そんな学生はスーツを着ているが、本人がちゃんと着ているつもりでも、知識とスキルがないので不格好なことが多い。クリースラインが消えてるくらいは序の口で、ネクタイのノットが異様に巨大だったり、時計が偽物のGショックだったり、ベルトが長すぎてセンターベントから飛び出していたり、二つボタンジャケットの下のボタンだけを留めてたりする。列挙すればきりがない。
 
 ジャケットの下のボタンだけを留めるのは、ドレスダウンを協調するときに使う技か、さもなければ太ってしまい下しか留まらない場合である。太ってもなければ、全体の調和からしてわざとドレスダウンをしているとは思えない。
 
「なんで下を留めてるの?」
「ジャケットのボタンは一つだけ留めると教わりました」
 
 このレベルは意外に多い。
 
 確かに、ジャケットのボタンは一つだけ留める。正解である。だが、もし、このまま面接に行ったら、面接官に誤ったメッセージを送ってしまうことになる。
 
 会話にしろ服装にしろ、自分の意図しないメッセージを送ってしまったのならば、それは失敗である。まずはなにがもっともオーソドクスであるのかを知らなければならない。なので、誤解の余地がないくらい、オーソドクスなスーツの着方、就活にどんな格好で臨んだらいいか、このサイトでは解説を試みている。
 

yoshinorihoshi.wixsite.com

ルートヴィヒ(1972) を観た

 

落合先生の書籍に華麗なるギャツビーの話が出ていて、そのことについては以前書いた。

 

華麗なるギャツビー(1974) を観た - Yoshinori Hoshi Official blog

 

先日に引き続いて、華麗なるギャツビー(2013)を観た - Yoshinori Hoshi Official blog

 

そう言えば先生の書籍にはもあったな、と借りてきた次第である。

 

ルートヴィヒ デジタル完全修復版 [DVD]
 

 

観て驚いた。なんと3時間58分もあるではないか。4時間である。一日では観終わらなかったので二日に分けた。

さて、落合先生の著作、「男の服装 お洒落の基本」P148にはこのようなことが書かれている。 

男の服装 お洒落の基本

男の服装 お洒落の基本

 

 

ルートヴィヒが従者に手袋を外せ! と命令するシーンがある。王は従者ごときが権力の象徴である手袋をしたまま、暖炉に薪をくべていたのが気に入らなかった。

このシーンは1時間55分ごろ現れる(この後さらに映画は2時間続く)。

わたしのこのシーンに対する解釈はこうだ。ルートヴィヒは今で言うところのLGBTなので、男の従者に興味を抱く。それで、男の手を見たかったのである。だから、手袋を外せ、と命令した。

手袋の老舗、メローラはこの映画のために300双の手袋を用意したようで、猫も杓子も手袋をしている。なのに、手袋を外せと命令をしたのはあの一回きりだ。

とにかく長くて疲れるので、ルートヴィヒや当時のヨーロッパをwikiなどで調べながら観ていた。おかげで少し詳しくなれた気がする。歴史も文字だけではなく、ビジュアルで観るのも悪くない。落合先生は映画ルートヴィヒについてこう書いている。

ルキノ・ヴィスコンティ監督は、映画『ルートヴィヒ 神々の黄昏』(1972)の中で、ヨーロッパの伝統的な様式美を見事に凝縮、結実させ、僕たちを楽しませてくれた。

この映画は忙しいときになど見るべきではない。DVDなどを購入してゆっくり、時間をかけて、時にはコマ送りにして楽しむべき作品である。

 

 

 

カビを落としたのに夕立である。他の存在との関わりについて。

昨日アップしたカビは全部除去して、オイルを塗って今日履いていた。夕方レストランに行ったら、夕立である。雨はすぐに止んだのだけれども地面は濡れていた。濡れた地面の上を歩く羽目に。ついていない。

アクシデントもダンディズムをやっていくうちの一つの楽しみなのかも知れない。どうでもいい合皮の靴しか履いていなかったら、雨上がりだろうが何だろうが気にもしないだろう。

いまの色々なものは便利になりすぎている。人々も便利を追い求め、手入れなどする必要のないもの、気を遣う必要のないものが溢れている。しかし、ものに対して気を遣うことはそんなに悪いことではないし、そのことによって、例えば地面が濡れていることの意味を思い知らされたりするわけだ。

便利でないということは、人間の対応が必要であるということであり、その必要とは他の存在との関わりである。便利は人間と他の関わりを消失させてしまっている。他の存在と関わるということは、面倒なことではあるかも知れないが、その関わりによって自己もその他大多数の存在のうちの一つだということを再認識できる。これは、そう悪いことではなく、生きる意味と言えば大げさであるが、生きる過程を味わう、そんな満ち足りた関わりを得ることが出来るのだ。

とはいうものの、カビて欲しくないというのは、率直な感想であり、ゆえに乾燥させている。

f:id:yoshinori-hoshi:20170716213528j:plain

 

 

 

 

 

 

[サンヨウヤマチョウ] 友之介  Q7432-002 57 コーヒー JP 75(25.5cm)